「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「浪速の四天王」が注目された2005年高校生ドラフトの答え合わせ、一番出世は?

2021 3/4 06:00SPAIA編集部
オリックス・T-岡田ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

辻内崇伸、平田良介、岡田貴弘、鶴直人が目玉

2005年の高校生ドラフトは「浪速の四天王」が目玉だった。夏の甲子園でベスト4入りした大阪桐蔭の左腕エース・辻内崇伸、同校の主砲で高校通算70本塁打をマークしていた平田良介、高校通算55本塁打を放ちながら最後の夏は大阪大会準決勝で大阪桐蔭に敗れた履正社・岡田貴弘、最速151キロ右腕の近大付・鶴直人の4人だ。

「高校生」と「大学生・社会人」が分離開催され、「自由獲得枠」は「希望入団枠」と名称変更。高校生1巡目の指名が重複した場合は抽選、外れた球団はウェーバー方式で、希望枠を使用しなかった球団のみ高校生2巡目を指名できるなど複雑なルールだった。

2005年高校生ドラフト1巡目指名選手の成績


蓋を開ければ「四天王」で重複したのは辻内崇伸のみ。現在は外れ1位も抽選だが、この年はくじを外すとウェーバー順だったため、リスクを避けて単独指名を狙う球団も多かった。

広島は鈴木将光、楽天は片山博視、日本ハムは陽仲壽

広島は楽天と競合した報徳学園・片山博視を外し、遊学館の鈴木将光を指名した。7年目の2012年に一軍初出場を果たしたが、結局通算6試合出場しただけで2015年オフに戦力外となった。

楽天は報徳学園2年時に春夏連続で甲子園出場した左腕・片山博視を引き当てた。3年目の2008年に完封でプロ初勝利を挙げると、その後セットアッパーとして活躍したが、左肘痛もあって2015年に野手転向。2017年オフに戦力外となるまで通算206試合の登板で8勝16敗48ホールドの成績を残している。

注目の辻内を引き当てたのは巨人だった。オリックスの中村勝広GMが当たりくじと勘違いして一度はオリックスと発表されるハプニングもあったが、巨人と訂正された瞬間、辻内は破顔一笑。しかし、プロ入り後はケガもあって一軍登板を果たせないまま2013年オフに戦力外通告された。

日本ハムはソフトバンクと競合した福岡第一の陽仲壽(現在は陽岱鋼)を引き当てた。2010年にレギュラーに定着すると2013年には47盗塁でタイトル獲得。2016年オフにFA宣言して巨人に移籍し、通算1315試合出場で1163安打、105本塁打、141盗塁をマークしている。

ヤクルト村中恭兵、横浜は山口俊、西武は炭谷銀仁朗

ヤクルトは東海大甲府の左腕・村中恭兵を単独指名した。2010年に11勝、2012年に10勝を挙げるなど活躍したが、2019年オフに戦力外通告。通算199試合登板で46勝55敗6ホールドの成績を残している。

オリックスは辻内を外し、「四天王」の一人、履正社のスラッガー・岡田貴弘を指名。登録名をT-岡田に変更して臨んだ2010年、33本塁打を放ち、22歳で本塁打王に輝いた。その後もオリックスの主軸として通算1188試合に出場し、1086安打、186本塁打、638打点をマークしている。

横浜は柳ヶ浦の右腕・山口俊を単独指名。高卒1年目に初勝利を挙げると、2009年からクローザーとして活躍した。2016年オフにFA宣言して巨人に移籍し、2019年オフにはポスティングシステムでMLBブルージェイズ移籍。今季からジャイアンツと契約した。これまで日米通算444試合登板で66勝62敗112セーブ26ホールドの成績を残している。

西武は高校通算48本塁打をマークしていた平安(現龍谷大平安)の捕手・炭谷銀仁朗を単独指名した。1年目から54試合に出場し、8シーズンで100試合以上に出場。森友哉の台頭で出番が減った2018年オフにFA宣言して巨人に移籍した。通算1283試合出場で704安打、38本塁打を放っている。

ロッテは柳田将利、ソフトバンクは荒川雄太

中日は「四天王」の一人、平田良介を一本釣りした。高校通算70本塁打の実績を引っ提げてプロ入りし、2011年から6年連続2桁本塁打をマーク。中日ひと筋で通算1155試合に出場し、1022安打、104本塁打、470打点をマークしている。

ロッテは青森山田の左腕・柳田将利を単独指名。しかし、投手としては芽が出ず、2008年に野手転向したものの一軍出場を果たせないまま同年オフにユニフォームを脱いだ。

阪神は「四天王」の一角を形成した近大付の右腕・鶴直人を単独指名した。2010年に21試合に登板してプロ初勝利を含む2勝をマーク。2012年には中継ぎとして43試合に登板したが、その後伸び悩み2016年オフに戦力外となった。通算117試合登板で9勝8敗6ホールドの成績を残している。

ソフトバンクは陽仲壽を外し、高校通算26本塁打を放っていた日大高の捕手・荒川雄太を指名した。マリナーズに移籍した城島健司の後継者として期待されたが、2010年オフに戦力外となり、トライアウトを経て入団した西武でも一軍出場できず、2012年オフに戦力外となった。

結果的に見れば「浪速の四天王」で大成したのは平田良介とT-岡田の2人。ちなみに希望枠では京産大の右腕・平野佳寿がオリックス、トヨタ自動車の右腕・吉見一起が中日、関西大の左腕・岩田稔が阪神、亜細亜大・松田宣浩がソフトバンクに入団している。

【関連記事】
田中将大が指名された2006年高校生ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
斎藤佑樹と大石達也に沸いた2010年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
中田翔ら「BIG3」に指名集中した2007年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
菊池雄星に6球団競合した2009年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
田澤純一を指名回避した2008年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
菅野智之を日本ハムが強行指名した2011年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
寺原隼人に4球団競合した2001年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
ダルビッシュが注目された2004年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
超高校級左腕・高井雄平が注目された2002年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藤浪晋太郎と大谷翔平が目玉だった2012年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
抽選なしの無風だった2003年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
阿部慎之助が巨人を逆指名した2000年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
高橋尚成が巨人を逆指名した1999年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
福留孝介に7球団競合した1995年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
小池秀郎がロッテを拒否した1990年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井秀喜に4球団競合した1992年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
野茂英雄に8球団競合した1989年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
立浪和義らPLナインが注目された1987年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
清原和博に6球団競合した1985年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
原辰徳に4球団競合した1980年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
高橋由伸が巨人を逆指名した1997年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
石井一久がヤクルトに指名された1991年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
井口資仁がダイエーを逆指名した1996年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
城島健司をダイエーが強行指名した1994年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藪恵壹が阪神を逆指名した1993年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
近藤真一に4球団競合した1986年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
川崎憲次郎に2球団競合した1988年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
水野雄仁が巨人に1位指名された1983年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
江川卓が阪神に1位指名された1978年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
岡田彰布に6球団競合した1979年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
荒木大輔に2球団競合した1982年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
金村義明に2球団競合した1981年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
広沢克己に3球団競合した1984年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井裕樹に5球団競合した2013年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
有原航平に4球団競合した2014年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
髙山俊に2球団競合した2015年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
田中正義と佐々木千隼に5球団競合した2016年ドラフトの答え合わせ
村上宗隆、清宮幸太郎がプロ入りした2017年ドラフトの答え合わせ

おすすめの記事