「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田澤純一を指名回避した2008年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?

2021 3/2 06:00SPAIA編集部
レッドソックス時代の田澤純一Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

メジャー希望の田澤を12球団が指名回避

昨年ドラフト前に話題をさらったのがメジャーから帰国してBCリーグ・埼玉入りしていた田澤純一だった。結果的にはNPB球団の指名はなく、田澤はオフに台湾の味全に移籍。再び異国の地でプレーする道を選んだ。

元々は新日本石油ENEOSに所属していた2008年の都市対抗で橋戸賞を受賞し、ドラフト最大の目玉とされながらメジャー希望を表明したため12球団が指名を回避したことが事の発端だ。

2008年ドラフトは前年までの「高校生」と「大学生・社会人」の分離開催から再統合。1巡目指名選手はどんな面々だったのだろうか。プロ入り後の成績を振り返ってみたい。

2008年のドラフト1巡目指名選手の成績

横浜は松本啓二朗、ソフトバンクは巽真悟、ヤクルトは赤川克紀を指名

横浜は阪神と競合した早稲田大の松本啓二朗を引き当てた。東京六大学リーグで通算105安打をマークした打撃センスに期待は高かったが、2013年に72試合に出場したのが自己最多。結局、302試合出場で119安打、7本塁打の成績にとどまり、2017年オフに戦力外となった。

ソフトバンクは東海大相模のスラッガー・大田泰示を抽選で外し、近畿大の右腕・巽真悟を指名。関西学生リーグ通算19勝の即戦力として期待されたが、2015年に1勝を挙げたのみで2016年オフに戦力外通告を受けた。

ヤクルトは宮崎商を39年ぶりの甲子園に導いた左腕・赤川克紀を単独指名。2012年には先発として初めて規定投球回に到達し、8勝を挙げたが、2015年オフに戦力外となった。通算76試合登板で14勝20敗、防御率4.17の成績を残している。

楽天は日本通運・野本圭を外し、NTT西日本の左腕・藤原紘通を指名した。長崎南山高から福岡大を経て入社したNTT西日本では都市対抗や日本選手権出場に貢献。1年目に5勝を挙げたが、その後はケガの影響もあり2013年オフに戦力外となった。通算22試合登板で6勝8敗1ホールドの成績を残している。

広島は岩本貴裕、ロッテは木村雄太、日本ハムは大野奨太

広島は亜細亜大で通算16本塁打を放った岩本貴裕を単独指名。広島商時代に4番エースとして甲子園に出場した地元出身のスター候補だったが、入団2年目にマークした14本塁打がキャリアハイだった。2019年に引退するまで通算405試合出場で240安打、31本塁打の成績を残している。

ロッテは東京ガスの長身左腕・木村雄太を指名。秋田経法大付高(現ノースアジア大明桜高)時代に注目を集め、2006年ドラフトでは横浜の3位指名を拒否した末のプロ入りだった。7年目の2015年にプロ初勝利を挙げたのが最初で最後の白星で、2016年オフに戦力外通告を受けた。

中日は楽天と競合した野本圭を引き当てた。岡山南高から駒澤大、日本通運を経てプロ入りし、2年目の2010年には118試合に出場して4本塁打。しかし、3年目以降は出場機会が減り、2018年限りでユニフォームを脱いだ。通算449試合で185安打、9本塁打、83打点の成績を残している。

日本ハムが指名したのは東洋大の捕手・大野奨太だった。岐阜総合学園高時代に通算29本塁打をマークし、大学では東都リーグで通算6本塁打。2016年には自身最多の109試合に出場して5本塁打を放つなどチームの優勝に貢献し、2017年オフにFA宣言して中日入りした。ここまで通算891試合に出場して419安打、31本塁打の成績を残している。

阪神は外れ外れ1位で蕭一傑、巨人は大田泰示、西武は中﨑雄太

阪神は12球団で唯一、抽選を2度外す憂き目に遭った。横浜と競合した松本啓二朗を外し、楽天と競合した藤原紘通も外して、外れ外れ1位で指名したのは台湾出身の蕭一傑。日南学園高から奈良産大に進んで大学通算16勝をマークした右腕は、2011年にプロ初勝利を挙げたものの、ソフトバンクと育成契約した2013年オフに自由契約となった。通算2試合の登板で0勝1敗の成績が残っている。

オリックスは東海大三高の右腕・甲斐拓哉を単独指名。150キロを超えるストレートに期待がかかったが、一軍出場を果たせないまま、育成契約した2012年オフに戦力外となった。

巨人はソフトバンクと競合した大田泰示を引き当てた。原辰徳監督の母校・東海大相模高で通算65本塁打を放ったパワーが期待されたが、巨人では目立った成績を残せず、2016年オフに日本ハムにトレードされてから素質開花。2019年にはキャリアハイの打率.289、20本塁打、77打点をマークするなど、通算694試合で601安打、72本塁打、290打点の成績を残している。

西武は日南学園高の左腕・中﨑雄太を単独指名。3年夏は宮崎県大会決勝でヤクルト1位の赤川克紀を擁する宮崎商に敗れたが、素質は高く評価されていた。2013年に一軍初登板を果たしたものの白星は挙げられず、未勝利のまま2016年オフに戦力外となった。

2008年のドラフト1位で2021年も現役でプレーするのは大野奨太と大田泰示のみ。福岡工高・中島卓也が日本ハム5位、帝京高・杉谷拳士が日本ハム6位、バイタルネット・谷元圭介(現中日)が日本ハム7位と日本ハムが当たり年だった。

他には菰野高・西勇輝(現阪神)がオリックス3位、大阪桐蔭高・浅村栄斗(現楽天)が西武3位でプロ入りしている。

【関連記事】
田中将大が指名された2006年高校生ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
斎藤佑樹と大石達也に沸いた2010年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
中田翔ら「BIG3」に指名集中した2007年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
菊池雄星に6球団競合した2009年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
菅野智之を日本ハムが強行指名した2011年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
「浪速の四天王」が注目された2005年高校生ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
寺原隼人に4球団競合した2001年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
ダルビッシュが注目された2004年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
超高校級左腕・高井雄平が注目された2002年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藤浪晋太郎と大谷翔平が目玉だった2012年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
抽選なしの無風だった2003年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
阿部慎之助が巨人を逆指名した2000年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
高橋尚成が巨人を逆指名した1999年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
福留孝介に7球団競合した1995年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
小池秀郎がロッテを拒否した1990年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井秀喜に4球団競合した1992年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
野茂英雄に8球団競合した1989年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
立浪和義らPLナインが注目された1987年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
清原和博に6球団競合した1985年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
原辰徳に4球団競合した1980年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
高橋由伸が巨人を逆指名した1997年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
石井一久がヤクルトに指名された1991年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
井口資仁がダイエーを逆指名した1996年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
城島健司をダイエーが強行指名した1994年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藪恵壹が阪神を逆指名した1993年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
近藤真一に4球団競合した1986年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
川崎憲次郎に2球団競合した1988年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
水野雄仁が巨人に1位指名された1983年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
江川卓が阪神に1位指名された1978年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
岡田彰布に6球団競合した1979年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
荒木大輔に2球団競合した1982年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
金村義明に2球団競合した1981年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
広沢克己に3球団競合した1984年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井裕樹に5球団競合した2013年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
有原航平に4球団競合した2014年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
髙山俊に2球団競合した2015年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
田中正義と佐々木千隼に5球団競合した2016年ドラフトの答え合わせ
村上宗隆、清宮幸太郎がプロ入りした2017年ドラフトの答え合わせ

おすすめの記事