「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広沢克己に3球団競合した1984年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?

2021 4/23 06:00SPAIA編集部
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

日本ハム、ヤクルト、西武が広沢を指名、チームメートの竹田光訓も3球団競合

夏の甲子園で取手二高が決勝でPL学園を破って初優勝した1984年。秋のドラフトは同年のロサンゼルス五輪で金メダル獲得に貢献した明治大のスラッガー・広沢克己に注目が集まっていた。

当時は指名が重複した場合は抽選、外れた場合はウェーバーというルール。広沢には日本ハム、ヤクルト、西武の3球団が競合し、広沢と同じ明治大の右腕・竹田光訓も大洋、巨人、中日の3球団、近大工学部の右腕・佐々木修は南海と近鉄、箕島高の右腕・嶋田章弘は阪神と広島の2球団が競合した。

1984年ドラフト1巡目指名選手の成績


外れ1位も含め、各球団1巡目指名選手のプロ入り後の成績を振り返る。

日本ハムは河野博文、南海は田口竜二

日本ハムは広沢を外して駒澤大の左腕・河野博文を指名した。1988年に防御率2.38でタイトルを獲得するなどの活躍を見せ、1995年オフにFA宣言して巨人に移籍。ロッテに移籍した2000年に引退するまで、通算462試合登板で54勝72敗15セーブをマークした。

竹田光訓は大洋が引き当てた。東京六大学リーグ通算21勝を挙げた右腕は、1986年にプロ初勝利を挙げたものの、それが唯一の勝利だった。韓国球界でのプレーを挟んで大洋に復帰した1991年に引退した。

南海は佐々木を外して都城高の左腕・田口竜二を指名。春夏ともに甲子園で桑田真澄、清原和博が2年生だったPL学園に敗れた左腕は、2年目に1試合に登板したのみで白星を挙げらないままユニフォームを脱いだ。

3球団競合の広沢克己はヤクルトが引き当てた。明治大で18本塁打、ロサンゼルス五輪の金メダルを引っ提げてプロ入りし、池山隆寛とのクリーンナップで長打を連発。打点王に2度輝き、巨人、阪神でもプレーした。2003年に引退するまで通算1736安打、306本塁打、985打点をマークしている。

阪神は嶋田章弘、西武は大久保博元、巨人は上田和明

近大工学部・佐々木修は近鉄が引き当てた。アンダースローからスライダーやシンカーを武器に活躍し、1991年には10勝をマーク。通算36勝38敗2セーブの成績を残し、1994年に引退した。

箕島高・嶋田章弘は阪神が当たりくじを引いた。兄の捕手・嶋田宗彦(住友金属)も阪神から4位指名され、プロ入り後に兄弟バッテリーが実現。しかし、ケガもあって投手としては大成せず、1990年に野手転向し、近鉄、中日と移籍して1996年に引退した。通算138試合出場で59安打、20打点だった。

西武は広沢を外し、水戸商高・大久保博元を指名。高校通算52本塁打のパワーは中尾孝義との交換トレードで巨人に移籍してから花開き、移籍1年目の1992年に15本塁打を放った。1995年に引退するまで通算158安打、41本塁打、100打点。2015年には楽天の監督を務めた。

巨人は竹田を外し、ロサンゼルス五輪に出場した慶応義塾大のショート・上田和明を指名。しかし、レギュラーをつかむには至らず、通算203試合出場で61安打、5本塁打の成績を残し、1993年に引退した。

中日は中村武志、阪急は古溝克之、熊野輝光、福良淳一も獲得

ロッテは佐波農高(群馬)の右腕・笠原栄一を指名。長身から投げ下ろすストレートに期待は高かったが、プロでは1勝もできずダイエー移籍後の1996年に戦力外となった。後に巨人入りする笠原将生とソフトバンク入りする笠原大芽の実父でもある。

中日は竹田を外して花園高の捕手・中村武志を指名した。正捕手として2001年まで中日で活躍し、横浜、楽天と移籍。2005年に引退するまで通算1955試合出場で1380安打、137本塁打をマークした。

阪急は豊川高の右腕・白井孝幸を指名。2年目の1986年に挙げた勝利が唯一の白星で、ダイエー、中日と移籍して1990年にユニフォームを脱いだ。

広島は嶋田章弘を外し、同じ箕島高の控え右腕だった杉本正志を指名した。しかし、ケガもあって一軍のマウンドに立つことのないままロッテ、オリックスと移籍し、1992年に引退した。

実績では広沢と中村が飛び抜けている1984年組。2巡目以下では星稜高・湯上谷宏が南海2位、法政大・秦真司がヤクルト2位、吉田高・田辺徳雄が西武2位、専売公社東北・古溝克之が阪急2位、日本楽器・熊野輝光が阪急3位、向上高・高橋智が阪急4位、大分鉄道管理局・福良淳一が阪急6位、新日鉄広畑・正田耕三が広島2位、新宮高・山崎慎太郎が近鉄3位、電電北海道・鈴木貴久が近鉄5位、日本大・和田豊が阪神3位、川崎製鉄水島・宮本和知が巨人3位で入団している。

【関連記事】
田中将大が指名された2006年高校生ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
斎藤佑樹と大石達也に沸いた2010年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
中田翔ら「BIG3」に指名集中した2007年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
菊池雄星に6球団競合した2009年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
田澤純一を指名回避した2008年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
菅野智之を日本ハムが強行指名した2011年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
「浪速の四天王」が注目された2005年高校生ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
寺原隼人に4球団競合した2001年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
ダルビッシュが注目された2004年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
超高校級左腕・高井雄平が注目された2002年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藤浪晋太郎と大谷翔平が目玉だった2012年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
抽選なしの無風だった2003年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
阿部慎之助が巨人を逆指名した2000年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
高橋尚成が巨人を逆指名した1999年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
福留孝介に7球団競合した1995年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
小池秀郎がロッテを拒否した1990年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井秀喜に4球団競合した1992年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
野茂英雄に8球団競合した1989年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
立浪和義らPLナインが注目された1987年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
清原和博に6球団競合した1985年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
原辰徳に4球団競合した1980年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
高橋由伸が巨人を逆指名した1997年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
石井一久がヤクルトに指名された1991年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
井口資仁がダイエーを逆指名した1996年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
城島健司をダイエーが強行指名した1994年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藪恵壹が阪神を逆指名した1993年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
近藤真一に4球団競合した1986年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
川崎憲次郎に2球団競合した1988年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
水野雄仁が巨人に1位指名された1983年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
江川卓が阪神に1位指名された1978年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
岡田彰布に6球団競合した1979年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
荒木大輔に2球団競合した1982年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
金村義明に2球団競合した1981年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井裕樹に5球団競合した2013年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
有原航平に4球団競合した2014年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
髙山俊に2球団競合した2015年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?

おすすめの記事