「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

清原和博に6球団競合した1985年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?

2021 4/3 06:00SPAIA編集部
清原和博Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

南海、日本ハム、中日、近鉄、西武、阪神の6球団が清原指名

PL学園が夏の甲子園で優勝し、4番・清原和博とエース桑田真澄の「KKコンビ」が大フィーバーを巻き起こした1985年。秋のドラフトは巨人か阪神を希望する清原と早稲田大進学を表明していた桑田に注目が集まっていた。

当時は指名が重複した場合は抽選、外れた場合はウェーバーというルール。清原には南海、日本ハム、中日、近鉄、西武、阪神の6球団が競合。本田技研・伊東昭光はヤクルト、阪急、ロッテの3球団が競合し、桑田は巨人が単独指名した。

1985年ドラフト1巡目指名選手の成績


外れ1位も含め、各球団1位指名選手のプロ入り後の成績を振り返る。

南海は西川佳明、日本ハムは広瀬哲朗を外れ1位、ヤクルトは3球団競合の伊東昭光

南海は清原を外し、法政大の左腕・西川佳明を指名。PL学園時代にセンバツで優勝し、法大時代は東京六大学リーグ通算30勝をマークした即戦力は、1年目から10勝を挙げた。しかし、その後は下降線を辿り、阪神に移籍後の1992年にユニフォームを脱いだ。通算25勝39敗1セーブの成績を残している。

ヤクルトは本田技研の右腕・伊東昭光を指名。ロサンゼルス五輪の金メダルを引っ提げてプロ入りし、1988年には18勝9敗17セーブでリリーフながら最多勝のタイトルを獲得した。1998年に引退するまで通算87勝76敗21セーブをマークしている。

日本ハムは清原を外して本田技研・広瀬哲朗を指名。駒澤大時代の1982年にもヤクルトから4位指名されたが拒否して社会人に進み、同僚の伊東昭光とともに社会人選手権で優勝した広瀬は、1993年と翌94年に2年連続でベストナインとゴールデングラブに輝いた。1998年に引退するまで通算966試合出場で592安打、12本塁打の成績を残している。

中日は清原を外して青山学院大のアンダースロー・斉藤学を指名。中日では1勝もできなかったが、ダイエー移籍後の1991年に3勝3セーブを挙げるなど、1997年に引退するまで通算135試合登板で7勝10敗3セーブの成績を残した。現在はソフトバンクのリハビリ担当コーチを務めている。

大洋は中山裕章、巨人は桑田真澄を一本釣り

阪急は伊東を外して日本大の右腕・石井宏を指名。北海道日大高時代にロッテの4位指名を拒否して進学し、東都リーグで19勝を挙げた。プロ2年目までに通算2勝を挙げたもののケガのため3年目に野手転向したが戦力外となり、阪神に投手として入団も1年でユニフォームを脱いだ。通算10試合登板で2勝3敗だった。

大洋は高知商の右腕・中山裕章を単独指名した。3年夏の甲子園準々決勝でPL学園と対戦し、清原に被弾して敗れた右腕はプロ3年目に10勝24セーブを挙げるなど、先発や抑えで活躍。中日移籍後の2001年に戦力外通告を受けると台湾でもプレーした。NPB通算51勝71敗62セーブの成績を残している。

近鉄は清原を外して東筑高の右腕・桧山泰浩を指名。一軍出場を果たせないまま1991年に退団した後は韓国球界でもプレーした。

巨人が指名したのは清原ではなく桑田真澄だった。2年目に15勝を挙げるなど2桁勝利を10度マークし、プロ通算173勝。最優秀防御率のタイトルも2度獲得した。2007年にはパイレーツでも19試合に登板。現在は巨人の一軍投手チーフコーチ補佐を務めている。

広島は長冨浩志、阪神は遠山昭治

ロッテは伊東を外して川越工高の左腕・石田雅彦を指名。ケガもあって2試合に登板したのみで1994年にユニフォームを脱いだ。

広島はNTT関東の右腕・長冨浩志を指名。1年目に10勝を挙げて新人王に輝くと、計4度の2桁勝利をマークした。日本ハム、ダイエーと渡り歩き、2002年に引退。通算77勝77敗10セーブの成績を残している。

清原和博を引き当てたのは西武だった。1年目に高卒新人史上最多の31本塁打を放って新人王に輝き、以降も西武黄金時代を牽引。巨人、オリックスと移籍して通算2122安打、525本塁打、1530打点と輝かしい成績を残し、2008年に引退した。

阪神は清原を外して八代第一高(現秀岳館高)の左腕・遠山昭治を指名した。高卒1年目で8勝を挙げたが、その後は低迷し、ロッテ移籍後に野手転向。1998年に阪神復帰するとサイドスローに転向し、中継ぎとして重宝された。2002年に引退するまで通算393試合登板で16勝22敗5セーブ。現在は浪速高(大阪)の野球部監督を務めている。

18歳の清原が涙を浮かべたシーンが印象的な1985年ドラフト。2巡目以下ではロサンゼルス五輪金メダリストの日本石油・荒井幸雄がヤクルト2位、日本体育大の左腕・園川一美がロッテ2位、都城高・田中幸雄が日本ハム3位、上宮高・西山秀二が南海4位、三菱重工長崎・本西厚博が阪急4位で入団している。

【関連記事】
田中将大が指名された2006年高校生ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
斎藤佑樹と大石達也に沸いた2010年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
中田翔ら「BIG3」に指名集中した2007年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
菊池雄星に6球団競合した2009年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
田澤純一を指名回避した2008年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
菅野智之を日本ハムが強行指名した2011年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
「浪速の四天王」が注目された2005年高校生ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
寺原隼人に4球団競合した2001年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
ダルビッシュが注目された2004年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
超高校級左腕・高井雄平が注目された2002年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藤浪晋太郎と大谷翔平が目玉だった2012年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
抽選なしの無風だった2003年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
阿部慎之助が巨人を逆指名した2000年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
高橋尚成が巨人を逆指名した1999年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
福留孝介に7球団競合した1995年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
小池秀郎がロッテを拒否した1990年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井秀喜に4球団競合した1992年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
野茂英雄に8球団競合した1989年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
立浪和義らPLナインが注目された1987年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
原辰徳に4球団競合した1980年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
高橋由伸が巨人を逆指名した1997年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
石井一久がヤクルトに指名された1991年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
井口資仁がダイエーを逆指名した1996年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
城島健司をダイエーが強行指名した1994年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藪恵壹が阪神を逆指名した1993年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
近藤真一に4球団競合した1986年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
川崎憲次郎に2球団競合した1988年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
水野雄仁が巨人に1位指名された1983年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
江川卓が阪神に1位指名された1978年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
岡田彰布に6球団競合した1979年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
荒木大輔に2球団競合した1982年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
金村義明に2球団競合した1981年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
広沢克己に3球団競合した1984年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井裕樹に5球団競合した2013年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
有原航平に4球団競合した2014年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?

おすすめの記事