「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田中将大が指名された2006年高校生ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?

2021 2/10 11:00SPAIA編集部
田中将大Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

早稲田実・斎藤佑樹は大学進学を表明

楽天に復帰した田中将大がキャンプに合流し、一挙手一投足が注目されている。マスコミやファンの視線を集めたというだけでも楽天はもちろん、日本球界全体への貢献度は高いと言える。

田中がプロ入りしたのは2006年の高校生ドラフト。駒大苫小牧のエースとして甲子園決勝で投げ合った早稲田実・斎藤佑樹が早稲田大進学を表明したため、田中には4球団が競合し、楽天が当たりくじを引いた。

では、当時の他球団1巡目指名やプロ入り後の成績はどうだったのか。振り返ってみよう。

2006年の高校生ドラフト1巡目指名選手の成績


当時は「高校生ドラフト」と「大学生・社会人ドラフト」の分離開催。希望入団枠を使用した球団は高校生2巡目指名をできないなど現在とは違うルールだったが、1巡目指名は現在と同じで重複した場合は抽選だった。

広島はPL学園の前田健太を一本釣り

横浜は田中を抽選で外して小松工(石川)の北篤を指名した。甲子園とは無縁ながら投げては最速145キロ、打っては高校通算32本塁打のセンスを評価されて入団したものの、投手としては芽が出ず野手転向。2010年に一軍初出場したが、2012年オフに日本ハムにトレードされ、巨人移籍後の2017年限りで現役引退した。通算56試合出場で93打数23安打、打率.247の成績を残している。

田中将大を引き当てた楽天とともに大成功だったのが広島だ。PL学園の右腕・前田健太(現ツインズ)を一本釣り。その後の活躍はご存知の通り、同期では田中に次ぐ日米通算150勝を挙げている。

オリックスは田中を抽選で外し、瀬戸内高(広島)の左腕・延江大輔を指名。184センチの長身だったことから「瀬戸内のランディ・ジョンソン」と呼ばれたが、一軍出場できないままユニフォームを脱いだ。

巨人は堂上直倫の外れ1位で坂本勇人獲得

田中と並んで注目を集めていたのは愛工大名電のスラッガー・堂上直倫だ。父も兄もプロ野球選手というサラブレッドで、2年春のセンバツで優勝。高校通算55本塁打をマークしていた。

その堂上を抽選で外した巨人は、外れ1位で光星学院(現八戸学院光星)の坂本勇人を指名。昨季、歴代2番目の若さで通算2000安打を達成するなど、球界を代表する打者に成長した。

石垣島にある八重山商工のエースとして春夏連続で甲子園出場した大嶺祐太も注目の好投手だった。ソフトバンクと2球団競合の末にロッテが引き当て、ここまで通算28勝を挙げている。

さらにもう一人の注目右腕が鷲宮高(埼玉)の増渕竜義。甲子園出場はならなかったが、150キロの速球が魅力で、ヤクルトと西武の2球団が競合した。ヤクルトが当たりくじを引いたが、プロ入り後は通算15勝にとどまり、日本ハム移籍後の2015年限りで引退した。

大嶺を外したソフトバンクは多摩大聖ヶ丘高(東京)の福田秀平を指名した。2019年オフにFA宣言してロッテ入りしたのは記憶に新しい。ここまで758試合に出場して299安打、打率.232の成績を残している。

日本ハムは田中将大を外して吉川光夫を指名

巨人と同じく堂上を外した阪神は、長崎日大のショート・野原将志を指名した。しかし、プロ入り後は素質開花できず、通算15試合に出場しただけで2013年オフに戦力外通告を受けた。

西武は増渕を抽選で外し、同じ埼玉にある埼玉栄高の最速148キロ右腕・木村文和を指名。投手としては41試合登板で1勝4敗と大成しなかったが、2012年に野手転向後は通算296安打、39本塁打をマークしている。

中日は堂上を引き当てたが、ここまで909試合出場で421安打、29本塁打。プロ入り前の期待に応えらているとは言い難い現状だ。

田中を外した日本ハムは、広陵高(広島)の左腕・吉川光夫を指名した。甲子園には出場していないが、プロ1年目に初勝利を挙げるなど活躍。2012年には14勝を挙げ、防御率1.71で最優秀防御率に輝いた。2016年に巨人移籍し、2019年シーズン中に日本ハム復帰。今季から西武のユニフォームに袖を通している。通算214試合登板で55勝を挙げている。

田中がプロ入り後も期待に応えている一方、同じドラ1でもその後の野球人生は様々だ。2006年の高校生ドラフトを結果的に見れば、楽天と巨人と広島が大成功だったと言えるだろう。

ちなみに大学生・社会人で注目を集めた近大・大隣憲司は希望入団枠でソフトバンク、東北学院大・岸孝之は同じく希望枠で西武に入団。日大・長野久義は日本ハムの4巡目指名を拒否している。

【関連記事】
斎藤佑樹と大石達也に沸いた2010年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
中田翔ら「BIG3」に指名集中した2007年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
菊池雄星に6球団競合した2009年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
田澤純一を指名回避した2008年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
菅野智之を日本ハムが強行指名した2011年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
「浪速の四天王」が注目された2005年高校生ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
寺原隼人に4球団競合した2001年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
ダルビッシュが注目された2004年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
超高校級左腕・高井雄平が注目された2002年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藤浪晋太郎と大谷翔平が目玉だった2012年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
抽選なしの無風だった2003年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
松坂大輔に3球団競合した1998年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
阿部慎之助が巨人を逆指名した2000年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
高橋尚成が巨人を逆指名した1999年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
福留孝介に7球団競合した1995年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
小池秀郎がロッテを拒否した1990年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井秀喜に4球団競合した1992年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
野茂英雄に8球団競合した1989年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
立浪和義らPLナインが注目された1987年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
清原和博に6球団競合した1985年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
原辰徳に4球団競合した1980年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
高橋由伸が巨人を逆指名した1997年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
石井一久がヤクルトに指名された1991年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
井口資仁がダイエーを逆指名した1996年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
城島健司をダイエーが強行指名した1994年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
藪恵壹が阪神を逆指名した1993年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
近藤真一に4球団競合した1986年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
川崎憲次郎に2球団競合した1988年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
水野雄仁が巨人に1位指名された1983年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
江川卓が阪神に1位指名された1978年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
岡田彰布に6球団競合した1979年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
荒木大輔に2球団競合した1982年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
金村義明に2球団競合した1981年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
広沢克己に3球団競合した1984年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
松井裕樹に5球団競合した2013年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
有原航平に4球団競合した2014年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?
髙山俊に2球団競合した2015年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
田中正義と佐々木千隼に5球団競合した2016年ドラフトの答え合わせ
村上宗隆、清宮幸太郎がプロ入りした2017年ドラフトの答え合わせ
田中将大の復帰で注目度高まる斎藤佑樹ら「ハンカチ世代」の現役投手一覧
田中将大の復帰で注目度高まる坂本勇人ら「ハンカチ世代」の現役野手一覧

おすすめの記事