「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

久慈・関川⇔大豊・矢野の大型トレードは全員が活躍 阪神と中日のトレード史

2021 8/8 11:00勝田聡
阪神タイガース監督矢野燿大,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

2000年以降、阪神と中日のトレードは1件だけ

日本のプロ野球では、アメリカのMLBと異なりトレードの件数自体があまり多くない。その上、同じリーグ内の球団同士となると、さらに少なくなる。今年もシーズン開幕後に交換、金銭含めて5件のトレードが成立しているが、いずれも異なるリーグ間でのものだった。

ただ、過去には同一リーグ間でも大型のトレードが行われていた。阪神と中日の2球団間でのトレードを記憶しているファンも多いだろう。現在、阪神の指揮を執る矢野燿大監督も含まれていたトレードだ。

今回は上記のものも含め、阪神と中日の間で行われた平成以降のトレードを振り返ってみたい。

平成以降の阪神と中日の交換トレード,ⒸSPAIA


平成以降、阪神と中日の2球団間で行われたトレードは、同一リーグということもあり、わずか2件だけだった。直近で行われたのは2010年オフのこと。新井良太が中日から阪神へ、水田圭介が阪神から中日へとそれぞれ移籍している。

新井良太は当時、阪神に在籍していた貴浩の弟として大きな注目を集めていたが、中日時代は5年間の在籍でわずか25安打、1本塁打と結果を残すことができていなかった。

しかし阪神移籍後は、2年目の2012年には110試合に出場し、打率.280(322打数90安打)、11本塁打とブレイク。翌2013年も119試合の出場で打率.238(357打数85安打)、14本塁打の成績を残し、三塁の定位置を掴みつつあった。このままレギュラーに定着するかと思われたが、2014年以降は伸び悩んだ。2017年はわずか17試合の出場にとどまり、この年限りで現役を引退した。

一方、交換相手となった水田は、移籍初年度の2011年に14試合出場したのみで、自由契約に。翌年からはヤクルトに加入するも目立った活躍はできず、2013年に現役を引退している。

大豊・矢野⇔久慈・関川の大型トレード

1997年オフには、球団の歴史を変えると言っても過言ではない大型トレードが成立した。阪神は正遊撃手の久慈照嘉と関川浩一を交換要員に、本塁打王の実績を持つ大豊泰昭と矢野輝弘(現:燿大)を獲得したのだ。

1994年に本塁打と打点の二冠王に輝いた実績を持つ大豊は、前年に本拠地がナゴヤ球場からナゴヤドームへと変更になったことで成績が急降下。入団以来、自己ワーストとなる12本塁打にとどまっていた。だが、阪神へ移籍すると、初年度は打率こそ.231と低迷するも、21本塁打と長打力が復活。2000年までの3シーズンで通算62本塁打を放った。

この大豊以上に大活躍だったのが矢野だ。中日時代は2番手捕手だったが、移籍初年度に正捕手の座を勝ち取り、110試合に出場。以降、扇の要としてチームを引っ張った。特に、2003年はチーム28年ぶりとなるリーグ優勝に大きく貢献。守備だけでなく、打撃でもキャリアハイとなる打率.328を記録するなど大活躍で、初のベストナインとゴールデングラブ賞を獲得した。

矢野は20年の現役生活のうち阪神で過ごしたのが13年と、移籍後の稼働年数の方が長かった。2010年に現役を退くも、2016年にコーチとして阪神に復帰。2019年からは一軍の監督を任されている。トレードでの移籍先で一軍の監督まで務めることになった稀有な例だ。

一方、中日に移籍した久慈は初年度に122試合、2年目に107試合に出場するも、以降は徐々に出場機会を減らした。2003年には古巣・阪神へ復帰し、2005年に現役を引退。現在はトレード相手だった矢野監督のもとで、内野守備兼バント担当コーチとして阪神を支えている。

関川は阪神時代、捕手と外野手の併用だったが、移籍後は外野手に専念。3年連続で規定打席に到達し、1999年には打率.330(522打数172安打)の高打率でベストナインも受賞している。その後2004年まで中日でプレーし、2005年から楽天へと移籍。2007年に現役を引退した。今シーズンはソフトバンクの三軍打撃兼外野守備走塁コーチとして若手選手の指導を行っている。

この大型トレードは移籍した4人すべてが移籍先で結果を残した。また大豊はすでに鬼籍に入っているが、その他の3人は今シーズンも監督・コーチとして活躍中。球界に大きな影響を与えたトレードだった。

【関連記事】
巨人と阪神「禁断のトレード史」、江川卓と小林繁から山本泰寛まで
阪神とソフトバンクのトレード史、過去には超大物や複数トレードも
阪神と西武のトレード史、田淵幸一、北村照文、榎田大樹ら実績者多数
野田浩司、平野恵一、桑原謙太朗……移籍後の活躍例が多い阪神とオリックスのトレード史
阪神と日本ハムのトレード史 下柳剛や坪井智哉、柏原純一ら移籍後も結果を残した選手が多数
巨人と楽天のトレード史、炭谷銀仁朗を含め最近5年で8件成立
未完の大器・大田泰示から超ビッグネーム張本勲も 巨人と日本ハムのトレード史
田口麗斗と廣岡大志が4例目 巨人とヤクルトの交換トレード史
澤村拓一や154日でロッテへ復帰したサブローなど 巨人とロッテのトレード史
球界を激震させた小久保裕紀の無償トレード 巨人・ソフトバンクのトレード史
落合博満、与田剛、江藤慎一ら実績者多数、中日とロッテのトレード史
日本ハムとオリックスのトレード史 糸井だけじゃなかった大型トレード

おすすめの記事