「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日の歴代最多勝投手はなんと13人も【タイトル獲得選手数ランキング】

2020 10/5 06:00SPAIA編集部
中日の吉見一起ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

巨人に次ぐ13投手が計20度の最多勝に輝く

プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。

1950年の2リーグ分立以降で個人タイトルを獲得した選手数を球団別に調べてみた。最多勝は下表の通りとなっている。

最多勝獲得選手数ランキング


最多勝のタイトルを獲得した選手が最も多い球団は巨人。中日は巨人に次いで多い13人が最多勝に輝いている。今回は中日の歴代最多勝投手を振り返ってみたい。

杉下茂や権藤博らの名投手に小松辰雄、小野和幸、西本聖は3年連続

2リーグ分立後、初めて最多勝に輝いたのが、「フォークボールの神様」と呼ばれた杉下茂だった。

中日の歴代最多勝投手


杉下は1951年に28勝13敗で初めての最多勝に輝くと、1954年には32勝12敗で2度目の最多勝を獲得しただけでなく、最優秀防御率や最高勝率、沢村賞、MVPなどタイトルを独占。チームの日本一に大きく貢献した。

「権藤、権藤、雨、権藤」と流行語が生まれるほどの連投に次ぐ連投を見せた権藤博も2度の最多勝に輝いている。プロ1年目の1961年に35勝19敗、翌1962年も30勝17敗で2年連続タイトルを獲得。しかし、その後は酷使の影響で右肩痛を患い、打者転向している。

小川健太郎は1967年に29勝(12敗)、松本幸行は1974年に20勝(9敗)を挙げて最多勝。150キロを超える快速球で「スピードガンの申し子」と呼ばれた小松辰雄は1985年と1987年に17勝、小野和幸は西武から移籍1年目の1988年に18勝、西本聖は巨人から移籍1年目の1989年に20勝を挙げ、タイトルを獲得した。

星野仙一監督が指揮を執っていた1987年から3年連続で中日の違う投手が最多勝に輝いたことになる。チームの順位も2位、1位、3位と、3年ともAクラスだった。

今中慎二と山本昌のダブル左腕が同時に最多勝

1993年は今中慎二と山本昌のダブル左腕が17勝で揃って最多勝。山本は翌1994年に19勝、1997年にも18勝で計3度、最多勝のタイトルを獲得している。

メルビン・バンチは2000年に14勝8敗。日米通算117勝を挙げた川上憲伸は、2004年と2006年にいずれも17勝7敗で最多勝に輝いた。

2005年ドラフト希望入団枠でトヨタ自動車から中日入りした吉見一起は、2009年に16勝9敗、2011年に18勝3敗で2度の最多勝。2007年の日本シリーズで「完全試合リレー」を成し遂げ、2013年にはノーヒットノーランを達成している山井大介は、2014年に阪神・メッセンジャーと並ぶ13勝(5敗)を挙げてタイトルを獲得した。

【関連記事】
中日の歴代本塁打王は最多10人【タイトル獲得選手数ランキング】
中日の歴代首位打者はセ4位の7人【タイトル獲得選手数ランキング】
巨人の歴代最多勝投手は最多14人【タイトル獲得選手数ランキング】
阪神の歴代最多勝投手は意外に少ない?7人【タイトル獲得選手数ランキング】
広島の歴代最多勝投手はセ3位の11人【タイトル獲得選手数ランキング】
ヤクルトの歴代最多勝投手はセ4位の8人【タイトル獲得選手数ランキング】
DeNAの歴代最多勝投手はセ最少5人【タイトル獲得選手数ランキング】
ソフトバンクの歴代最多勝投手はパ最多12人【タイトル獲得選手数ランキング】
西武の歴代最多勝投手はパ2位11人【タイトル獲得選手数ランキング】
美馬学が狙うロッテの歴代最多勝投手は意外に多い?10人【タイトル獲得選手数ランキング】
日本ハムの歴代最多勝投手はパ4位の9人【タイトル獲得選手数ランキング】
オリックスの歴代最多勝投手はパ6位7人【タイトル獲得選手数ランキング】
楽天、近鉄の歴代最多勝投手は?【タイトル獲得選手数ランキング】
FAで7人を獲得した中日、移籍選手の「その後」は?
FAで9人流出した中日、国内他球団とメジャー移籍した選手は?
プロ野球タイトルホルダーの出身高校ランキング【投手編】
プロ野球タイトルホルダーの出身大学ランキング【投手編】

おすすめの記事