「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックスの歴代最多勝投手はパ6位7人【タイトル獲得選手数ランキング】

2020 10/13 06:00SPAIA編集部
金子千尋Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

楽天を除いて最少の7投手が計11度の最多勝に輝く

プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。

1950年の2リーグ分立以降で個人タイトルを獲得した選手数を球団別に調べてみた。最多勝は下表の通りとなっている。

最多勝獲得選手数ランキング


最多勝のタイトルを獲得した選手が最も多い球団は巨人。パ・リーグでは2005年に新規参入した楽天を除くと、7人のオリックスが最少となっている。今回はオリックス(前身球団含む)の歴代最多勝投手を振り返ってみたい。

350勝の米田哲也、284勝の山田久志、完全試合の今井雄太郎

2リーグ分立後、初めて最多勝に輝いたのが、阪急時代の米田哲也だった。

オリックスの歴代最多勝投手


NPB歴代2位の通算350勝を挙げた米田は、1966年に25勝17敗で最多勝。歴代2位の949試合に登板し、19年連続2桁勝利をマークするなど驚異的なスタミナで「ガソリンタンク」と呼ばれた。

山田久志は阪急黄金時代のエースとして通算284勝を挙げたアンダースロー右腕。1972年に20勝8敗、1976年に26勝7敗5セーブ、1979年に21勝5敗4セーブで3度の最多勝に輝いた。

1978年8月31日のロッテ戦で完全試合を達成した今井雄太郎は、1981年に19勝15敗、1984年に21勝9敗で2度の最多勝。ダイエーに移籍した1991年に引退するまでプロ通算130勝を挙げた。

佐藤義則や山沖之彦、野田浩司、金子千尋も

日本大から1976年ドラフト1位で阪急に入団した佐藤義則は、1985年に21勝11敗で最多勝。阪急、オリックス一筋の現役生活で通算165勝をマークし、引退後はオリックス、阪神、日本ハム、楽天、ソフトバンクでコーチを務め、多くの投手を指導、育成した。

中村高(高知)時代にセンバツ準優勝した山沖之彦は、専修大を経て1981年ドラフト1位で阪急に入団。1987年に19勝10敗で最多勝に輝き、阪神にFA移籍した1995年に引退するまで通算112勝を挙げた。

野田浩司は九州産交から1987年ドラフト1位で阪神に入団し、1992年オフに松永浩美との交換トレードでオリックスに移籍。移籍1年目の1993年に17勝5敗で最多勝に輝いた。1995年4月21日のロッテ戦では19奪三振の新記録を樹立するなど、プロ通算89勝を挙げている。

金子千尋はトヨタ自動車から2004年ドラフト自由獲得枠でオリックス入りし、2010年に17勝8敗、2014年に16勝5敗で最多勝。2018年オフに日本ハムに移籍した。

現在は山本由伸や山岡泰輔ら若手投手が進境著しいだけに、8人目の誕生が期待される。

【関連記事】
オリックスの歴代本塁打王は5人【タイトル獲得選手数ランキング】
吉田正尚は何人目?オリックスの歴代首位打者一覧【タイトル獲得選手数ランキング】
巨人の歴代最多勝投手は最多14人【タイトル獲得選手数ランキング】
阪神の歴代最多勝投手は意外に少ない?7人【タイトル獲得選手数ランキング】
中日の歴代最多勝投手はなんと13人も【タイトル獲得選手数ランキング】
広島の歴代最多勝投手はセ3位の11人【タイトル獲得選手数ランキング】
ヤクルトの歴代最多勝投手はセ4位の8人【タイトル獲得選手数ランキング】
DeNAの歴代最多勝投手はセ最少5人【タイトル獲得選手数ランキング】
ソフトバンクの歴代最多勝投手はパ最多12人【タイトル獲得選手数ランキング】
西武の歴代最多勝投手はパ2位11人【タイトル獲得選手数ランキング】
美馬学が狙うロッテの歴代最多勝投手は意外に多い?10人【タイトル獲得選手数ランキング】
日本ハムの歴代最多勝投手はパ4位の9人【タイトル獲得選手数ランキング】
楽天、近鉄の歴代最多勝投手は?【タイトル獲得選手数ランキング】
FAで6人を獲得したオリックス、移籍選手の「その後」は?
FAで12人流出したオリックス、国内他球団とメジャー移籍した選手は?
プロ野球タイトルホルダーの出身高校ランキング【投手編】
プロ野球タイトルホルダーの出身大学ランキング【投手編】

おすすめの記事