「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

DeNAの歴代最多勝投手はセ最少5人【タイトル獲得選手数ランキング】

2020 10/8 06:00SPAIA編集部
横浜スタジアムⒸjaruncha/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒjaruncha/Shutterstock.com

楽天を除いて最少の5投手が計7度の最多勝

プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。

1950年の2リーグ分立以降で個人タイトルを獲得した選手数を球団別に調べてみた。最多勝は下表の通りとなっている。

最多勝獲得選手数ランキング


最多勝のタイトルを獲得した選手が最も多い球団は巨人。DeNAは、2005年シーズンから新規参入した楽天を除くと、最も少ない5人。今回はDeNA(前身球団含む)の歴代最多勝投手を振り返ってみたい。

カミソリシュートの平松政次、12球団勝利の野村収

2リーグ分立した初年度の1950年に最多勝に輝いたのが、松竹ロビンスの真田重男だった。

DeNAの歴代最多勝投手


「懸河のドロップ」と呼ばれた大きなカーブを武器に1946年から3年連続20勝以上を挙げ、1950年は39勝12敗で最多勝のタイトル獲得。沢村賞も受賞した。

岡山東商時代にセンバツ優勝した平松政次は、カミソリシュートを操って1970年に25勝19敗、翌1971年も17勝13敗で2年連続最多勝。1984年に引退するまで大洋一筋の現役生活を送り、通算201勝をマークした。

野村収は1978年に17勝11敗4セーブで最多勝。阪神に移籍した1983年には史上初めて12球団から勝利を挙げるなど、通算121勝をマークした。

遠藤一彦は2年連続、野村弘樹が最後の最多勝

遠藤一彦は1983年に18勝9敗3セーブ、翌1984年は17勝17敗で2年連続最多勝。15年間の現役生活で7度の2桁勝利をマークするなど、通算134勝を挙げた本格派右腕だった。

PL学園の左腕エースとして春夏連覇を達成した野村弘樹が最多勝に輝いたのは1993年。横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズに球団名が変更されたこの年、17勝6敗で現役時代唯一のタイトルを獲得した。

野村以降、最多勝投手が出ていないDeNA。大黒柱となる絶対エースの出現が待たれる。

【関連記事】
DeNAの歴代本塁打王は8人【タイトル獲得選手数ランキング】
巨人の歴代最多勝投手は最多14人【タイトル獲得選手数ランキング】
阪神の歴代最多勝投手は意外に少ない?7人【タイトル獲得選手数ランキング】
中日の歴代最多勝投手はなんと13人も【タイトル獲得選手数ランキング】
広島の歴代最多勝投手はセ3位の11人【タイトル獲得選手数ランキング】
ヤクルトの歴代最多勝投手はセ4位の8人【タイトル獲得選手数ランキング】
ソフトバンクの歴代最多勝投手はパ最多12人【タイトル獲得選手数ランキング】
西武の歴代最多勝投手はパ2位11人【タイトル獲得選手数ランキング】
美馬学が狙うロッテの歴代最多勝投手は意外に多い?10人【タイトル獲得選手数ランキング】
日本ハムの歴代最多勝投手はパ4位の9人【タイトル獲得選手数ランキング】
オリックスの歴代最多勝投手はパ6位7人【タイトル獲得選手数ランキング】
楽天、近鉄の歴代最多勝投手は?【タイトル獲得選手数ランキング】
FAで9人を獲得したDeNA、移籍選手の「その後」は?
FAで9人流出したDeNA、国内他球団とメジャー移籍した選手は?
プロ野球タイトルホルダーの出身高校ランキング【投手編】
プロ野球タイトルホルダーの出身大学ランキング【投手編】

おすすめの記事