「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・リーグ最多二塁打は誰だ?【非タイトル部門ランキング】

2020 12/10 11:00SPAIA編集部
巨人の丸佳浩ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

巨人の丸佳浩が31二塁打でリーグトップ

プロ野球でタイトルや表彰の対象ではないものの、リーグ1位になった選手にスポットを当ててみたい。

今回はセ・リーグの「最多二塁打」。惜しくもホームランにならなかった二塁打もあれば、足で奪った二塁打もある。長距離打者でもアベレージヒッターでも打てるのが二塁打だ。いわゆる「中距離ヒッター」ばかりがランキング上位に並ぶのかと言えば、そうでもない。

2020年に規定打席に達したセ・リーグの打者のベスト5は下表の通りとなっている。

セ・リーグ最多二塁打ランキング


1位は巨人の丸佳浩。今季は31本もの二塁打を放った。プロ入りしてからマークした通算本塁打(201本)より多い253本の二塁打を放っているが、意外にもリーグ最多二塁打は初めてだ。

広角打法にパワー加わる

巨人移籍2年目の今季は120試合にフル出場し、423打数120安打の打率.284(リーグ12位)、27本塁打、77打点。長打力を示すIsoPは.270で、ヤクルト・村上宗隆、阪神・大山悠輔に次ぐリーグ3位となっている。

2013年に29盗塁で盗塁王に輝いた俊足は年々衰え、今季は8盗塁に終わったが、その分パワーアップしている印象だ。

SPAIAの打球方向データでは、最も多い右中間で24%、最も少ないレフト方向で16%と偏りが少ない。広角に打ち分ける技術にパワーが加わったことが、31二塁打につながったと言えるだろう。

現在、プロ通算1355安打。来季中に1500安打を達成すれば、その先に2000安打も見えてくる。脂の乗った31歳。「ひとりリーグ5連覇」を果たした優勝請負人は来季も期待できそうだ。

2位は青木宣親と村上宗隆が並ぶ

2位は青木宣親と村上宗隆のヤクルト勢が30本で並んだ。青木は38歳の今季、リーグ3位の打率.317をマーク。ホームランも18本放ち、長打率はプロ17年目にしてキャリアハイの.557だった。

若き主砲・村上は打率.307と、昨季の.231から大幅に上昇。28本塁打、86打点と申し分のない成績を残し、出塁率.427で初タイトルを獲得した。

4位は29本を放ったDeNAの梶谷隆幸。今季はチームメートの佐野恵太と最後まで首位打者を争い、タイトルには届かなかったもののキャリアハイの打率.323をマーク。IsoPは、リーグ1位の村上とは対照的にリーグ10位の.203と高くないが、パワーではなくスピードによる29二塁打と言えるだろう。

5位は巨人の坂本勇人で28本。今季は苦しんだ時期もあり、決してベストシーズンではなかったものの、通算2000安打も達成し、最終的には打率.289、19本塁打、65打点の成績だった。

【関連記事】
セ・リーグで被打率の最も低い投手は誰だ?【非タイトル部門ランキング】
セ・リーグ最多四球はヤクルト村上宗隆【非タイトル部門ランキング】
セ・リーグ被本塁打最少は阪神・青柳晃洋【非タイトル部門ランキング】
セ・リーグ最多三塁打は中日・京田陽太【非タイトル部門ランキング】
セ・リーグ最少三振はDeNA宮﨑敏郎【非タイトル部門ランキング】
セ・リーグ最多QSは阪神・西勇輝【非タイトル部門ランキング】
セ・リーグ最多犠打は広島・菊池涼介【非タイトル部門ランキング】
パ・リーグ最多犠飛は日本ハム・中田翔【非タイトル部門ランキング】
パ・リーグ最少三振はオリックス吉田正尚【非タイトル部門ランキング】
パ・リーグ最多QSはオリックス山本由伸ら4人並ぶ【非タイトル部門ランキング】
パ・リーグ最多犠打は西武・源田壮亮【非タイトル部門ランキング】
パ・リーグ最少与四球はロッテ美馬学【非タイトル部門ランキング】
FAで断トツ最多の26人を獲得した巨人、移籍選手の「その後」は?
巨人は太田龍が二軍で最多勝獲得【12球団ルーキー通信簿】
巨人パーラは期待外れ、サンチェスは8勝【新加入助っ人通信簿】

おすすめの記事