「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パ・リーグ犠打ランキング、現役最多犠打の今宮健太がトップ

2021 7/29 06:00SPAIA編集部
ソフトバンクの今宮健太,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

2位もソフトバンクの甲斐拓也

緻密なセ・リーグの野球に比べると、パ・リーグは豪快なイメージがあるが、犠打数を比較すると、今季前半戦はセ・リーグ6球団の合計292犠打に対し、パ・リーグは計318犠打を記録している。

犠打数だけで一概には言えないが、パ・リーグも走者を進める最も確実な手段を使っているのだ。

その中で最も多くの犠打を決めているのが、現役最多の通算323犠打を記録しているソフトバンクの今宮健太だ。

パ・リーグ犠打ランキング


今季はスタメンを外れることもあり、78試合に出場しているものの規定打席には到達していない。打率.207、3本塁打、24打点と数字的には不本意かも知れないが、19犠打は12球団トップときっちり役割を果たしている。

2位もソフトバンクの甲斐拓也で14犠打を記録している。前半戦は打率.237、8本塁打、32打点とキャリアハイの11本塁打(2019年と2020年)を上回る勢い。犠打数も2017年から昨季まで4年連続20犠打以上を記録しており、強肩とともに打撃面でも貢献している。

ロッテ藤岡裕大と楽天・小深田大翔は13犠打

3位は13犠打のロッテ・藤岡裕大。トヨタ自動車から入団4年目の今季は打率.263、2本塁打、15打点。軽快なショートの守備も含め、後半戦も渋い働きが期待される。

同じく13犠打で並んだのが楽天の小深田大翔。2年目の今季は打率.248、2本塁打、10打点、5盗塁。打率.288、17盗塁をマークして新人王候補にも挙がった昨季に比べると成績を落としているが、主に一番として起用され、楽天打線の切り込み隊長を務めている。

12犠打の5位は楽天の太田光。規定打席には達していないものの、今季前半戦は72試合に出場して打率.194、3本塁打、19打点。入団3年目で、すでに自身シーズン最多出場を更新しており、貴重な経験を積んでいる。7月5日に巨人から炭谷銀仁朗がトレードで加入しただけに、ベテランから多くのことを吸収したい。

前半戦はオリックスが首位を走り、日本シリーズ4連覇中のソフトバンクが4位という予想外の展開。それでも首位から最下位・日本ハムまで10ゲーム差と接近しており、ペナントの行方はまだまだ分からない。勝負を分ける犠打をいつ誰が決めるか。そんな視点でも見ていきたい。

【関連記事】
セ・リーグ犠打ランキング、1位は三ツ俣大樹、3位になんと投手が!
セ・リーグ併殺打ランキング、阪神マルテがワースト12本…優勝への課題?
パ・リーグ併殺打ランキング、浅村栄斗と鈴木大地の楽天勢がランクイン
パ・リーグ犠飛ランキング、中村奨吾らロッテが多いのはなぜ?
セ・リーグ犠飛ランキング、本塁打減少の阪神・大山悠輔が急増
パ・リーグHR/FBランキング、柳田悠岐は日本版フライボール革命?
セ・リーグIsoPランキング、セ界一のパワーヒッターは誰だ?
パ・リーグ最少三振ランキング、オリックス吉田正尚は驚異の「全コース対応」
セ・リーグ最少三振ランキング、阪神・近本光司は大幅に進化
セ・リーグ奪三振率ランキング、トップ3は柳裕也ら中日勢が独占
パ・リーグ奪三振率ランキング、伊藤大海は山本由伸や千賀滉大を超えるか?
セ・リーグ与四球率ランキング、小川泰弘のキラリと光る制球力
パ・リーグ被本塁打率ランキング、山本由伸に続く日本ハム3人衆

おすすめの記事