「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・リーグ与四球率ランキング、小川泰弘のキラリと光る制球力

2021 8/6 06:00SPAIA編集部
ヤクルト・小川泰弘,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

小川はセ・リーグトップの与四球率1.30

プロである以上、ファンに「魅せる」という意味においても投手の投げる球のスピードは重要なファクターだ。ただ、より実戦で役立つのはコントロールではないだろうか。極論すれば、160キロを投げるノーコン投手より、130キロでもきっちりコーナーに投げ分けられる投手の方がベンチも使いやすいだろう。

今季前半戦のセ・リーグで9イニングあたり四球をいくつ与えたかを示すBB/9(与四球率)が、規定投球回以上の投手で1位だったのは1.30のヤクルト・小川泰弘。与四球もリーグ最少の12個、対戦打者に占める与四球の割合を示すBB%も3.6%でいずれもトップだ。

セ・リーグ与四球率ランキング


プロ1年目の2013年に16勝を挙げて最多勝、最高勝率、新人王に輝いた右腕。近年はやや低迷していたが、昨季はノーヒットノーランを達成するなど5年ぶりの2桁となる10勝を挙げた。

今季も前半戦だけで7勝(3敗)をマーク。足を高く上げるオーバースローのフォームから「和製ライアン」と呼ばれるため剛腕のイメージもあるが、ストレートの平均は143.7キロと飛び抜けて速い訳ではない。むしろ正確なコントロールが小川の真骨頂だ。

奪三振と与四球の割合を示すK/BBも5.17でリーグ1位。三振を奪えて四球は出さないという投手として理想の姿を具現化しているのだ。前半戦3位で折り返したヤクルトが後半戦でさらに上昇するには小川の活躍が欠かせないだろう。

2位から大野雄大、福谷浩司、柳裕也の中日勢が並ぶ

2位は1.49の中日・大野雄大。前半戦は3勝7敗、防御率3.59と沢村賞に輝いた昨季と比較すると不本意だろうが、与四球15、BB%は4.2%と残している数字は優秀だ。ストライクゾーンを9分割したSPAIAのゾーン別データでは、右打者の20.4%を外角低めに投じており被打率.091とほぼ完璧に封じ込んでいる。左打者も外角低めは被打率.154だ。後半戦でチームが浮上するためにも完全復活が待たれる。

3位は同じく中日の福谷浩司で1.71。今季は初の開幕投手を務めたものの、前半戦は4勝9敗、防御率4.80と成績を伸ばせていない。ただ、BB%は4.5%と優秀で制球力の良さは実証されている。チームの後半戦のカギを握る一人と言えるだろう。

4位も中日の柳裕也で1.84。リーグ1位のチーム防御率3.25と投手力の高いチームらしく、2~4位に中日勢が並んだ。中でも柳は前半戦7勝5敗、防御率2.42の好成績。BB%も5.3%とコントロールが良いだけでなく、奪三振率はリーグトップの9.36をマークしている。K/BBは小川に次ぐ5.09で、小川と同じく三振を奪えて四球は少ない投手の一人だ。

5位は阪神の青柳晃洋で2.36。サイドスローからシュートとスライダーを左右に投げ分け、前半戦は8勝2敗、リーグ1位の防御率1.79の好成績を残して侍ジャパンにも選出された。BB%は6.5%を記録している。ただ、K/BBは2.64と低く、まさに打たせて取る投手の典型だ。

阪神・秋山拓巳が「隠れ2位」

ちなみに規定投球回に到達していない先発投手では、阪神・秋山拓巳が1.37と優秀だ。ストレートは平均137.3キロと140キロに届かないにもかかわらず、前半戦7勝4敗、防御率3.32と好成績を残したのは抜群のコントロールがあるからだ。

与四球わずか12、BB%も3.7%をマークしており、K/BBは5.33と小川より高い。首位を走る阪神において、確実に試合をつくる秋山の貢献度は高い。

また、秋山の同僚、ガンケルも1.95。前半戦6勝1敗、防御率2.47をマークした優良助っ人で、阪神の首位快走に貢献した一人だ。

広島・大瀬良大地も2.00を記録。前半戦は3勝(3敗)どまりだったが、5位に低迷するチームのためにも復調が期待される。

【関連記事】
セ・リーグ奪三振率ランキング、トップ3は柳裕也ら中日勢が独占
パ・リーグ奪三振率ランキング、伊藤大海は山本由伸や千賀滉大を超えるか?
パ・リーグ被本塁打率ランキング、山本由伸に続く日本ハム3人衆
セ・リーグ併殺打ランキング、阪神マルテがワースト12本…優勝への課題?
パ・リーグ併殺打ランキング、浅村栄斗と鈴木大地の楽天勢がランクイン
セ・リーグ犠打ランキング、1位は三ツ俣大樹、3位になんと投手が!
パ・リーグ犠打ランキング、現役最多犠打の今宮健太がトップ
パ・リーグ犠飛ランキング、中村奨吾らロッテが多いのはなぜ?
セ・リーグ犠飛ランキング、本塁打減少の阪神・大山悠輔が急増
パ・リーグHR/FBランキング、柳田悠岐は日本版フライボール革命?
セ・リーグIsoPランキング、セ界一のパワーヒッターは誰だ?
パ・リーグ最少三振ランキング、オリックス吉田正尚は驚異の「全コース対応」
セ・リーグ最少三振ランキング、阪神・近本光司は大幅に進化

おすすめの記事