「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

藤川球児、中島裕之らがメジャー挑戦した2012年FA戦線の答え合わせ

2021 7/2 06:00SPAIA編集部
カブス時代の藤川球児Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

阪神はポスティング認めず、待望の海外FA権を取得した藤川球児

分かっていても打てない「火の玉ストレート」で一世を風靡した阪神・藤川球児は、かねてからメジャー挑戦したいという希望を持っていた。全盛期に最高峰の舞台で勝負したいというアスリートの気持ちは抑えようがない。

しかし、重要な戦力だったため、阪神球団はポスティングシステムでの移籍を認めなかった。絶対的なクローザーに抜けられると困るという球団の言い分もこれまた当然だ。経営状態の苦しい球団ならポスティングで高く売った方が得策という計算も働いただろうが、年間300万人前後を動員する人気球団にその考えはなかった。

毎年のようにオフにメジャー挑戦を訴えてきた藤川が、ようやく海外FA権を取得したのが2012年。高知商からドラフト1位で入団してから14年が経過し、32歳になっていた。当時すでに通算42勝25敗220セーブをマークしていた日本球界屈指のクローザーがついにFA宣言した。

2012年にFA移籍した選手の移籍先での通算成績


同年に海外FA権を行使したのは藤川のほか、西武・中島裕之、日本ハム・田中賢介、オリックス・日高剛の4人、国内FA権は阪神・平野恵一とオリックス・寺原隼人の2人が行使した。6人の移籍後の成績を振り返る。

トミー・ジョン手術を受け、2年半で無念の帰国

注目の藤川はカブスと2年契約を結んだ。2013年4月の開幕戦では、いきなりセーブを挙げる好スタート。しかし、振り続けた藤川の右腕が悲鳴を上げた。6月にトミー・ジョン手術を受け、メジャー1年目は12試合登板で1勝1敗2セーブ1ホールドに終わった。

2年目の2014年は15試合に登板したものの勝敗はつかず、オフにレンジャーズへ移籍。2015年は2試合に登板しただけで自由契約となり、シーズン中に無念の帰国となった。

結局メジャーでは実績を残せなかった藤川。その後、四国アイランドリーグ・高知を経て阪神に復帰し、昨年惜しまれながら引退した。もし、あと数年早くメジャー挑戦が実現していたら結果は違っていたのだろうか。「火の玉ストレート」でメジャーリーガーと真っ向勝負する姿をもっと見たかったファンは多いだろう。

中島裕之と田中賢介もメジャーで結果残せず帰国

中島裕之も期待されながら海を渡ったが、メジャーでは結果を残せなかった。西武時代は最高出塁率に2度、最多安打に1度輝くなど強打者として活躍。前年にポスティング申請してメジャー移籍を模索したが契約に至らず、2012年に仕切り直してFAでアスレチックス移籍が決まった。

しかし、春季キャンプ中のケガが響いて3Aでのプレーが続き、メジャーには昇格できずじまい。2014年オフにオリックスに移籍した。現在は巨人でプレーしている。

日本ハムの主軸として活躍していた田中賢介もメジャー挑戦した。ジャイアンツとマイナー契約ながら7月にメジャー昇格し、15試合に出場。翌年はレンジャーズ傘下3Aでプレーし、2015年から日本ハムに復帰した。

日高剛と平野恵一は阪神とオリックスで入れ替わり、寺原隼人は古巣復帰

一方、国内他球団に移籍したのは3人。日高剛は九州国際大付高から1995年ドラフト3位でオリックスに入団し、左打ちの捕手として活躍した。しかし、FAで阪神に移籍後はケガもあってわずか2年で計46試合出場に終わり、ユニフォームを脱いだ。

平野恵一は日高と入れ替わるように阪神からオリックスに移籍した。元々は東海大から自由獲得枠でオリックスに入団し、2007年オフに濱中治、吉野誠との交換トレードで阿部健太とともに阪神移籍。2012年にFA宣言して古巣に復帰した。

2013年から3年間で計205試合に出場し、打率.280、1本塁打、47打点。2015年に引退し、現在は阪神で二軍打撃コーチを務めている。

日南学園高時代に甲子園で154キロを出して大フィーバーを巻き起こした寺原隼人は、2001年ドラフト1位でダイエー入団。その後、トレードで横浜、オリックスと移籍し、2012年にFA宣言して古巣ソフトバンクに復帰した。

復帰後は6年で計101試合に登板し、16勝17敗11ホールド。ヤクルトに移籍した2019年に引退した。

【関連記事】
来オフの目玉は誰だ?2021年にFA権取得見込みの選手たち
巨人が山口俊ら3人獲得した2016年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
小笠原道大と門倉健が巨人入りした2006年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
村田修一と杉内俊哉が巨人入りした2011年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
金本知憲が阪神入りした2002年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
野上亮磨、大和らが移籍した2017年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
松永浩美、落合博満らが移籍した1993年FA元年の答え合わせ、移籍後の成績は?
黒田博樹と新井貴浩が広島を出た2007年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
清原和博が巨人入りした1996年FA戦線の答え合わせ、もし阪神を選んでいたら…
稲葉篤紀が日本ハム移籍した2004年FA戦線の答え合わせ、メジャー断念のその後
川崎憲次郎と新庄剛志が移籍した2000年FA戦線の答え合わせ、好対照な2人の移籍後
豊田清、野口茂樹が巨人移籍した2005年FA戦線の答え合わせ、人的補償の損得勘定
中嶋聡がオリックスから西武に移籍した1997年FA戦線の答え合わせ
星野伸之、工藤公康、江藤智が移籍した1999年FA戦線の答え合わせ
内川聖一、小林宏之、藤井彰人らが移籍した2010年FA戦線の答え合わせ
巨人とダイエーが2人ずつ獲得した1994年FA戦線の答え合わせ

おすすめの記事