「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

村田修一と杉内俊哉が巨人入りした2011年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?

2021 6/7 06:00SPAIA編集部
巨人の杉内俊哉、村田修一両コーチⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

導入後最多の10人がFA移籍、ソフトバンクから3人も

プロ野球のストーブリーグを熱くするフリーエージェント。1993年に導入されてからFA宣言してメジャーも含めた他球団に移籍した選手が最も多かったのが2011年だった。

海外FA権を行使したのがソフトバンクの和田毅と川崎宗則、楽天の岩隈久志、巨人の大村三郎、阪神の新井貴浩、横浜の村田修一の6人、国内FA権を行使したのがソフトバンクの杉内俊哉、西武の許銘傑と帆足和幸、中日の小池正晃、巨人の鶴岡一成、横浜の篠原貴行の6人だった。そのうち新井と篠原はチームに残留したため、10人が新天地のユニフォームに袖を通した

2011年にFA移籍した選手の移籍先での通算成績


ソフトバンクからエース級の左腕2人を含む3人が一挙に流出した2011年オフ。そのうちの1人、和田毅はプロ入り以来9年間で7度の2桁勝利を挙げた実績を引っ提げてMLBオリオールズに移籍した。

しかし、故障もあって2年間はメジャーのマウンドに立てず、2014年から2年在籍したカブスで計5勝(5敗)を挙げるにとどまった。2016年から古巣ソフトバンクに復帰し、40歳の今季も先発ローテーションの一角を担っている。

同じくソフトバンクからメジャー挑戦したのが川崎宗則。マリナーズに移籍して敬愛するイチローとチームメートとなったが、61試合に出場して打率.192と結果を残せず、1年でブルージェイズに移籍。2016年のカブス時代も含めてMLB通算5シーズンで276試合に出場し、2017年に古巣ソフトバンクに復帰した。現在はBCリーグ・栃木でプレーしている。

村田修一は巨人の6シーズンで109本塁打

近鉄時代に2年連続15勝、楽天時代の2008年に21勝を挙げるなど輝かしい実績を残していた岩隈久志は、2011年オフにFA宣言してMLBマリナーズに移籍した。

1年目の2012年に9勝5敗2セーブの成績を残すと、2013年に14勝、2014年に15勝、2016年に16勝を挙げ、メジャー6シーズンで通算63勝(39敗)をマークした。巨人移籍後は1試合も登板することなく昨オフに引退している。

1994年ドラフト1位でロッテに入団した大村三郎は、17年目の2011年シーズン中にトレードで巨人に移籍。半年後の同年オフにFA宣言してロッテに復帰した。復帰後は2016年に引退するまで328試合に出場して打率.241、17本塁打、105打点だった。

横浜時代の2007、2008年に2年連続本塁打王に輝くなど主砲として活躍した村田修一は、2011年オフにFAで巨人移籍。2年前にFAで加入していた藤井秀悟が人的補償でDeNAに移籍した。

村田は2013年に25本、2014年に21本、2016年に25本など在籍6年で109本塁打を放ったが、2017年オフに自由契約。BCリーグ・栃木で1年間プレーしてNPB復帰のチャンスを待ったが、断念して引退した。現在は巨人の一軍野手総合コーチを務めている。

杉内俊哉は4年で39勝もケガで引退

2005年に18勝4敗、防御率2.11で最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得するなど、プロ入り10年で6度の2桁勝利をマークしていたソフトバンクの杉内俊哉は、2011年オフにFA宣言。4年総額20億円と報じられた大型契約で巨人入りした。

移籍1年目の2012年にはノーヒットノーランを達成するなど12勝。その後も4年間で計39勝(22敗)をマークしたが、その後は股関節の手術を受けた影響で一軍に復帰できないまま2018年に引退した。現在は巨人の一軍投手コーチを務めている。

台湾出身の許銘傑は2000年に西武入団し、12年間で49勝をマーク。2011年オフに外国人選手として初めてFA権を行使してオリックスに移籍したが、2年で1勝も挙げられず、3敗1セーブ10ホールドの成績を残して台湾に帰国した。

2000年ドラフト3位で九州三菱自動車から西武入りした帆足和幸は、4度の2桁勝利を挙げるなど主に先発として活躍。2011年オフに地元・福岡のソフトバンクに移籍した。4シーズンで15勝(9敗)を挙げ、2015年に引退した。

鶴岡一成は古巣DeNA復帰も人的補償として2年で阪神移籍

横浜高時代に松坂大輔らと甲子園春夏連覇を果たした小池正晃は、1998年ドラフト6位で横浜入団し、2008年に石井裕也との交換トレードで中日に移籍。2011年オフにFA宣言して古巣・横浜に復帰した。

2年間で目立った成績は残せなかったものの、2013年10月の引退試合では現役最後の打席で本塁打を放ち、感動を呼んだ。現在はDeNAの外野守備走塁コーチを務めている。

鶴岡一成は横浜でプロキャリアをスタートし、2008年のシーズン中に真田裕貴との交換トレードで巨人に移籍。阿部慎之助がいたため、出場機会を求めて2011年オフにFAで古巣DeNAに復帰した。

2年で計210試合に出場したが、FAで加入した久保康友の人的補償として2014年から阪神に移籍。2016年に引退し、現在はDeNAの二軍バッテリーコーチを務めている。

【関連記事】
来オフの目玉は誰だ?2021年にFA権取得見込みの選手たち
巨人が山口俊ら3人獲得した2016年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
小笠原道大と門倉健が巨人入りした2006年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
金本知憲が阪神入りした2002年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
野上亮磨、大和らが移籍した2017年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
松永浩美、落合博満らが移籍した1993年FA元年の答え合わせ、移籍後の成績は?
黒田博樹と新井貴浩が広島を出た2007年FA戦線の答え合わせ、移籍後の成績は?
清原和博が巨人入りした1996年FA戦線の答え合わせ、もし阪神していたら…
稲葉篤紀が日本ハム移籍した2004年FA戦線の答え合わせ、メジャー断念のその後
川崎憲次郎と新庄剛志が移籍した2000年FA戦線の答え合わせ、好対照な2人の移籍後
豊田清、野口茂樹が巨人移籍した2005年FA戦線の答え合わせ、人的補償の損得勘定
中嶋聡がオリックスから西武に移籍した1997年FA戦線の答え合わせ
星野伸之、工藤公康、江藤智が移籍した1999年FA戦線の答え合わせ
内川聖一、小林宏之、藤井彰人らが移籍した2010年FA戦線の答え合わせ
藤川球児、中島裕之らがメジャー挑戦した2012年FA戦線の答え合わせ
巨人とダイエーが2人ずつ獲得した1994年FA戦線の答え合わせ

おすすめの記事