「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本プロ野球のオーストラリア出身ベストプレーヤーは?

2020 5/20 06:00SPAIA編集部
ジェフ・ウィリアムスⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

「JFK」の一角ジェフ・ウィリアムス

日本プロ野球界では世界各国の選手がプレーしてきた。その中でオーストラリア出身のベストプレーヤーは誰だろうか。まずは主な選手を見ていこう。

NPBのオーストラリア出身選手

ジェフ・ウィリアムスは1996年のアトランタ五輪にオーストラリア代表として出場し、大学卒業後に米大リーグ・ドジャースに入団した。メジャー通算4勝1敗ながら、2002年には3Aで28セーブをマーク。同年オフに阪神と契約した。

来日1年目はクローザーとして活躍し、1勝1敗25セーブで18年ぶりのリーグ優勝に貢献。2005年からセットアッパーとして、藤川球児、久保田智之と「JFK」と呼ばれた鉄壁のリリーフ陣を形成した。この年は75試合に登板して3勝3敗37ホールドで2年ぶりの優勝に大きく貢献した。

左のサイドスローから投げ込む快速球を武器に2009年までプレーし、NPB通算16勝17敗47セーブ141ホールドをマーク。引退後は阪神の駐米スカウトを務めている。

ジェフの同僚・オクスプリング

ブラッド・トーマスは2005年に日本ハムに入団。1年目は1勝5敗1セーブ6ホールド、2年目の2006年は4勝1敗1セーブ4ホールドで主にセットアッパーとして活躍した。

ジェフ・ウィリアムスとともに、2004年のアテネ五輪にオーストラリア代表として出場し、銀メダル獲得に貢献したのがクリス・オクスプリングだ。2005年には3Aで12勝を挙げ、2006年に阪神に入団。15試合に先発したものの4勝どまりだった。1年で退団し、その後はアメリカや韓国でプレーした。

エイドリアン・バーンサイドは2008年に巨人で5勝を挙げた右腕。2009年は外国人枠争いを勝ち抜けず、登板なしに終わり、同年限りで退団。その後は韓国や台湾でもプレーした。

日本の独立リーグからNPB入りしたデニング、ネイラー

ジャスティン・ヒューバーは2009年に3Aで22本塁打を放ち、3Aオールスターで4番を務めるなどの実績を買われ、同年オフに広島と契約。しかし、2010年はスタメンに定着できず、打率.220、7本塁打、17打点の成績に終わり、1年で退団した。

日本の独立リーグからNPB入りした変わり種がミッチ・デニング。2013年からBCリーグの新潟でプレーし、2014年に打率.321、12本塁打をマークすると、2015年5月にヤクルト入り。ミレッジとバレンティンが離脱したことによる緊急補強だった。6月7日のロッテ戦で満塁本塁打を放つ活躍もあったが、結局、打率.222、4本塁打、22打点に終わり、同年オフに退団。翌2016年は四国アイランドリーグplusの愛媛でプレーした。

ドリュー・ネイラーも日本の独立リーグからNPB入りした選手だった。2015年、四国アイランドリーグplusの香川での成績が評価され、同年7月、テストをクリアして中日に入団。シーズン途中の加入ながら10試合で4勝を挙げた。しかし、翌2016年は1勝に終わり退団となった。

オーストラリア出身選手のベストプレーヤーは、やはりジェフ・ウィリアムス以外にいないだろう。実績はオーストラリア出身選手ではずば抜けており、他国の助っ人外国人や日本人選手と比べても堂々たる成績だ。人気球団の阪神で2度の優勝に貢献するなど、記憶にも記録にも残る選手だった。

《関連記事》
日本プロ野球の韓国出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球の台湾出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球の台湾出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球の韓国出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のキューバ出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のキューバ出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球のパナマ出身ベストプレーヤーは?
日本プロ野球のカナダ出身ベストプレーヤーは?
日本プロ野球のメキシコ出身ベストプレーヤーは?
日本プロ野球のベネズエラ出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のベネズエラ出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球のプエルトリコ出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のプエルトリコ出身ベストプレーヤーは?【投手編】

おすすめの記事