「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本プロ野球の韓国出身ベストプレーヤーは?【野手編】

2020 5/19 06:00SPAIA編集部
マリナーズ時代の李大浩Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

「韓国のイチロー」李鍾範

韓国プロ野球が5月5日に開幕し、新型コロナウイルスの影響でいまだ開幕していない日本やアメリカからも注目されている。これまで日本のプロ野球でプレーした韓国出身選手でベストプレーヤーは誰だろうか。主な野手を見ていこう。

NPBの韓国出身野手

まず1963年に来日し、東映や日本ハム、ロッテなどで1981年までNPBで活躍した白仁天は日本人扱いだったため、ここでは対象外とする。

1998年、「韓国のイチロー」との触れ込みで中日に入団したのが李鍾範だ。韓国・ヘテ時代には首位打者や盗塁王に輝くなど俊足強打で鳴らしたが、来日1年目は日本野球に適応できず67試合出場にとどまった。しかし、2年目には123試合出場で9本塁打、24盗塁、3年目の2000年も113試合に出場し、打率.275と一定の成績を残した。

2001年シーズン中に退団するまで、NPB通算286安打、27本塁打、99打点、53盗塁。中日退団後は韓国・起亜で2011年までプレーした。

NPB通算159本塁打の李承燁

来日した韓国人野手で最も実績のあったのが李承燁だ。サムスンの主砲として本塁打王5回、打点王4回など多くのタイトルを獲得し、2003年には56本塁打を放って、王貞治の55本を超えるアジア新記録を達成した。

2003年オフにFA宣言してロッテ入り。1年目は対応に苦しみ、14本塁打、50打点に終わったが、2年目の2005年は30本塁打、82打点をマーク。巨人に移籍した2006年にはNPBでキャリアハイとなる41本塁打、108打点を挙げた。その後、2011年にオリックスへ移籍し、NPB通算8年で159本塁打、439打点という成績を残し2012年から韓国・サムスンに復帰した。

巨漢スラッガー・李大浩

李大浩は身長194センチ、体重130キロの巨漢スラッガー。韓国ロッテ時代に本塁打王2回、打点王2回、首位打者3回などのタイトルに輝き、2011年オフにFA権を行使してオリックスに移籍した。

2012年は開幕戦から4番に座り、打率.286、24本塁打、91打点で打点王。翌2013年も1年目と全く同じ24本塁打、91打点をマークし、同年オフにソフトバンクに移籍した。ソフトバンクでも2年間で50本塁打を放ち、結局NPB4年で98本塁打、348打点をマーク。ソフトバンク退団後はメジャー挑戦し、2016年はマリナーズでプレー、翌2017年から韓国ロッテに復帰している。

では、韓国出身野手のベストプレーヤーは誰だろう。李鍾範はタイプが違うとはいえ、数字から見て李承燁と李大浩の2人に絞られる。NPB通算打率は李大浩の方が高いが、ともにスラッガーだけに長打力を示すIsoPを比較すると、李承燁が.237で、李大浩の.193を上回っている。

さらに本塁打を打つまでに要する打席数を示すAB/HRは李承燁16.78に対し、李大浩が 21.65となっており、やはり李承燁が上だ。野球の華であるホームランをより多く打ったという点で、李承燁をベストプレーヤーに推したい。

《関連記事》
日本プロ野球の韓国出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球の台湾出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球の台湾出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のオーストラリア出身ベストプレーヤーは?
日本プロ野球のキューバ出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のキューバ出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球のパナマ出身ベストプレーヤーは?
日本プロ野球のカナダ出身ベストプレーヤーは?
日本プロ野球のメキシコ出身ベストプレーヤーは?
日本プロ野球のベネズエラ出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のベネズエラ出身ベストプレーヤーは?【投手編】
日本プロ野球のプエルトリコ出身ベストプレーヤーは?【野手編】
日本プロ野球のプエルトリコ出身ベストプレーヤーは?【投手編】

おすすめの記事