「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

楽天は即戦力の小深田大翔らが期待通りの活躍【12球団ルーキー通信簿】

2020 12/9 06:00浜田哲男
【楽天】ルーキー野手成績ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

小深田はリードオフマンとして活躍

鈴木大地、涌井秀章、牧田和久、ステファン・ロメロらを大型補強し、今季は優勝候補の一角として期待されていた楽天だったが、終わってみればロッテ、西武とのクライマックスシリーズ(CS)進出争いに敗れて4位。シーズン序盤は好調な滑り出しを見せたが、終盤は逆転されることも多々あり、投打がかみ合わない試合が多かった印象だ。

得点はリーグトップの557、112本塁打はリーグ2位、打率.258はリーグトップと打撃面は好成績。浅村栄斗を中心とした強力打線は相手に脅威を与えた。中でもシーズン途中から1番に定着し、リードオフマンとして十分な働きを見せたドラフト1位ルーキー・小深田大翔の活躍は目を見張るものがあった。

試合を重ねるにつれてアジャスト

【楽天】ルーキー野手成績ⒸSPAIA


社会人野球時代(大阪ガス)から、スピード感あふれるプレーとシュアな打撃には定評があった小深田。プロ入り1年目から期待通りの活躍で、6月は打率.167、7月は.245と苦しんだものの、8月に.281と調子を上げると9月は.320、10月は.290、11月は.348と調子をグングン上げ最終的には.288(リーグ6位)、出塁率.364(リーグ7位)をマーク。来季への期待は必然的に高まる。また、17盗塁を決め自慢の脚力も存分にアピール。新人王の有力候補だ。

ゾーン別のデータを見ると、真ん中は打率.400、外角中程は.375、内角中程は.469と打ち込んでいるが、真ん中低めが.213、外角低めが.210、内角低めが.217と低めの打率が総じて低い。低めの見極めは今後の課題になるが、打率.288は及第点と言えるだろう。

打球方向のデータを見ると、右翼が22%と引っ張る打球が多い反面、中堅は20%、左中間は23%と最も多く広角に打球を飛ばしている傾向がある。今季は二塁打が16本(リーグ18位)、三塁打が5本(リーグ3位)だったが、外野の間を抜く強い打球が増えれば、脚力を活かした三塁打も増えるはずだ。

また、高卒ながら高い打撃技術を持つドラフト2位ルーキーの黒川史陽も1軍で貴重な経験を積んだ。10試合に出場し14打数2安打とプロの球に苦しんだが、1軍デビューとなった9月4日のオリックス戦では、第1打席で山岡泰輔の低めの直球をすくい上げ、犠飛を放って初打点をマーク。6日の試合でも先発出場すると第1打席にプロ入り初安打を放った。2軍では打率.297、6本塁打、31打点の成績を残し、随所で非凡な才能をアピールした。

【楽天】ルーキー野手成績ⒸSPAIA

津留﨑、瀧中らは持ち味を発揮

【楽天】ルーキー投手成績ⒸSPAIA


即戦力として期待されたドラフト3位ルーキーの津留﨑大成と同6位ルーキーの瀧中瞭太も、期待に違わぬ活躍を見せた。津留﨑は33試合に登板。1勝1敗1ホールド、防御率4.19と数字だけを見れば平凡だが、真上から振り下ろすダイナミックなフォームから繰り出す直球は威力があり、強打者を相手に直球で押す場面も度々見られた。

投球の割合は少ないものの、時折投じる大きなカーブ(被打率.150)とキレのあるフォーク(被打率.000)は効果的に決まり、プロの世界でも十分に通用することを証明した。特筆すべきはフォーク。投球割合は現在.4.4%と少ないが奪空振率が25.0%と高く、もう少し比率を高めても面白いかもしれない。

カーブ、カットボール、フォーク、ツーシームなど多彩な球種で打たせて取るピッチングが特徴の瀧中は、プロの世界でも持ち味を十分に発揮。9月19日のソフトバンク戦でプロ初登板初先発に臨むと、5回1/3を投げて5安打1失点と上々のデビューを飾った。

以降も先発ローテーションの一角として8試合に登板し、2勝1敗、防御率3.40と及第点の活躍を見せた。投球回45回で被本塁打が1本と大怪我をしない投球スタイルも魅力。瀧中がマウンドを降りてからチームが逆転されるケースも散見されるなど不運な部分もあったが、来季もローテーションの一角として計算できる投手であることには間違いない。

【楽天】ルーキー投手成績ⒸSPAIA


小深田、津留﨑、瀧中とプロ入り1年目から戦力として活躍したルーキーが多く、来季はチームの主軸としてさらなる飛躍が期待される。

【関連記事】
巨人は太田龍が二軍で最多勝獲得【ルーキー通信簿】
阪神は井上広大がウエスタンリーグ2位の9本塁打【ルーキー通信簿】
ホークスのドラ1佐藤直樹は二軍盗塁王、3位津森宥紀は最強投手陣の中でも存在感【ルーキー通信簿】
ロッテは優勝争い経験した佐藤都志也らの飛躍に期待【12球団ルーキー通信簿】
中日はドラ1石川昂弥が初打席で二塁打を記録【ルーキー通信簿】
DeNAは伊勢大夢が安定した投球披露、森敬斗も輝き放つ【12球団ルーキー通信簿】
西武はドラ1宮川哲が救援で奮闘、未来の遊撃手候補は浅村超えの成績残す【12球団ルーキー通信簿】
広島はドラ1森下暢仁がエースの活躍 ドラ2宇草孔基も13試合に出場【12球団ルーキー通信簿】
ヤクルト・奥川恭伸は二軍で無双も一軍でプロの洗礼浴びる【12球団ルーキー通信簿】
日本ハムのドラ1河野は課題残る1年目、育成2位・樋口は球団初の育成指名から支配下【12球団ルーキー通信簿】
オリックスは即戦力不在も高卒の宮城大弥と紅林弘太郎が順調スタート【12球団ルーキー通信簿】
黄金ルーキー・早川隆久が加入した楽天が震災10年の来季優勝を狙う

おすすめの記事