「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人の2021「年男」 高橋優貴が先発ローテを狙う

2021 1/1 06:00勝田聡
巨人・髙橋優貴ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

今年は岡本和真が大活躍

巨人・岡本和真が球団史上2番目の早さで年俸2億円(推定)の大台を突破した。2020年は120試合中、118試合に出場。そのすべてが「4番」として、だった。

残した成績は打率.275(440打数121安打)、31本塁打、97打点。本塁打王と打点王の二冠に輝き、ベストナインを受賞したのだから当然といったところだろうか。1996年生まれの岡本は2020年で24歳。つまり「年男」でもあったわけだ。縁起の良いとされる年にリーグ優勝し、タイトルを受賞したことになる。

2021年も年男たちにチームを引っ張ってもらいたいところだ。今年の年男に該当する1985年生まれの36歳、1997年生まれの24歳の選手は、巨人では誰がいるだろうか。

髙橋優貴が先発ローテーションを狙う

1997年生まれでは髙橋優貴が筆頭格。学年は1996年生まれの岡本らと同じだが、2月1日生まれなので2021年の年男ということになる。

巨人・髙橋優貴インフォグラフィック


2018年ドラフト1位で指名され、八戸学院大から巨人へと入団した左腕。ルーキーイヤーから18試合に登板し、5勝7敗、防御率3.19とまずまずの成績を残していた。また、クライマックスシリーズや日本シリーズでも登板機会があり、飛躍が期待されていた存在だ。

しかし、2年目の2020年は開幕前の3月に左肘痛を発症し離脱してしまう。一軍に昇格したのは開幕から3カ月以上が経過した10月6日。先発ローテーションの一角を担うことを期待されたものの、わずか8試合の登板に終わってしまった。残した成績も1勝3敗、防御率4.30と満足のいくものではなかった。

特に23回で12四球と与四球が多く、BB/9は4.70。チームで3試合以上に先発した投手の中ではワーストだった。一方で奪三振は23、K/9は9.00となっており、同じくチーム内で3試合以上に先発した投手の中ではトップの数字だ。登板機会が少ないため参考ではあるものの、制球力の向上が成績良化に繋がりそうだ。

現時点ではエースの菅野智之がポスティング制度でMLB移籍を目指しており、先発ローテーションは戸郷翔征とサンチェスまでしか決まっていない。FAで加入した井納翔一らを含めた競争に、髙橋も加わることができるか注目だ。

1985年生まれの年男は不在

育成契約の八百板卓丸と、昨年10月に行われたドラフト会議で4位指名を受けた伊藤優輔(三菱パワー)も1997年生まれだ。

巨人インフォグラフィックリスト


八百板も髙橋と同じく早生まれの年男。岡本と同じ2014年のドラフト会議で楽天から育成1位指名を受け入団、2017年シーズン途中に支配下登録を勝ち取り、翌2018年には一軍初出場を勝ち取った。しかし2019年シーズンオフに戦力外となり、昨年から育成契約で巨人に加わっている。

昨年は支配下登録まで至らず、二軍で70試合に出場して打率.313(217打数68安打)、8本塁打と打撃面で結果を残した。移籍2年目となる2021年は、自身2度目の支配下登録を勝ち取ることが当面の目標となる。

一方、ルーキーではあるものの大卒社会人出身の伊藤は、1年目からある程度の結果を求められる立場。春季キャンプやオープン戦で結果を残し、早い段階で一軍入りをつかみ取りたいところだ。

現時点で巨人に1985年生まれの選手はいない。1997年生まれの年男である髙橋、八百板、伊藤の3人が今年の岡本のようにチームの勝利に貢献できるか期待がかかる。

【関連記事】
ホークスの2021「年男」 柳町達と杉山一樹、一軍定着狙う安打製造機と未完の豪腕に注目
阪神の2021「年男」 ベテラン桑原謙太朗が勝ちパターンへの返り咲きを狙う
ロッテの2021「年男」 平沢大河と福田光輝、壁を破りレギュラー争いに食い込め
中日の2021「年男」 進化する大ベテランの大島洋平、本格派右腕コンビの勝野昌慶とロドリゲス
西武の2021「年男」 エース期待の髙橋光成、完全復活を期すメヒア
DeNAの2021「年男」 坂本裕哉と蝦名達夫、大卒2年目コンビの一軍定着に期待
楽天の2021「年男」 オコエ瑠偉と津留崎大成、奮起と飛躍を期待される2選手に注目
広島の2021「年男」 ライバル加入で勝負の年となる松山竜平、2年目のジンクスに挑む新人王・森下暢仁
日本ハムの2021「年男」 平沼翔太は正遊撃手へ向けて勝負の年
ヤクルトの2021「年男」 長距離砲候補・廣岡大志に期待
オリックスの2021「年男」 打では大下誠一郎、投では吉田凌 経験を糧に飛躍を期待
FAで断トツ最多の26人を獲得した巨人、移籍選手の「その後」は?
セ・リーグで被打率の最も低い投手は誰だ?【非タイトル部門ランキング】
巨人の最多勝トリオや大竹耕太郎、宮城大弥ら二軍でタイトルに輝いたホープたち

おすすめの記事