「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神の2021「年男」 ベテラン桑原謙太朗が勝ちパターンへの返り咲きを狙う

2021 1/3 06:00勝田聡
阪神タイガースの主な年男,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ベテラン桑原謙太朗が勝ちパターン入りを目指す

2020年の阪神は2年連続Aクラス、順位は2位だった。矢野燿大監督の就任が2019年。2018年の6位から3位、2位と上げており、2021年は2005年以来16年ぶりとなるリーグ優勝への期待がかかる。

阪神の強みは強固な中継ぎ陣にある。2020シーズンの中継ぎ防御率は3.31とリーグトップ。抑えのスアレスも残留が決まり、セットアッパーの岩崎優や投手キャプテンに就任する岩貞祐太と層は厚い。

その輪の中に返り咲こうと目論むのが、ベテランの桑原謙太朗だ。1985年生まれの桑原は2021年で36歳の年男。2017年と2018年は2年連続60試合以上に登板し、2017年には最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。

だが、2019年以降はコンディション不良もあり、満足いく成績を残せていない。契約更改後の会見では「主戦力で頑張れるようにやっていきたい」とセットアッパーへの復帰を目指すと意気込んだ。

チームに頼れる中継ぎは何人いても困らない。年男という縁起の良い年にベテランの復活となれば、優勝の確率もグッと上がるだろう。

2年目の小川一平も飛躍を狙う

同じく年男で勝ちパターンの一角を狙っているのが小川一平だ。桑原のひと回り下の小川は、2021年で24歳になる。今年はルーキーながら開幕一軍を勝ち取り、中継ぎとして21試合に登板。防御率は4.71と満足のいく数字ではなかったが、9月5日の巨人戦以降は7試合連続無失点でシーズンを終えており、手応えは悪くないはずだ。

開幕前の練習試合で矢野監督が「勝ちパターンに入ってきてもおかしくない投球」と絶賛していただけに、春季キャンプやオープン戦で結果を残せば、試合終盤を任されても不思議ではない。

他に、望月惇志と奥山皓太も年男。望月は150キロを超えるストレートを持ちながら、ここまで結果を残せていない。2018年に中継ぎで37試合に登板したものの、一軍に定着できなかった。昨年も中継ぎで16試合に登板し防御率5.21と苦しんだ一方、二軍では先発起用もあった。

2021年の役割ははっきりとしていないが、契約更改後の会見では「先発、中継ぎどちらになるか分かりませんが、投げさせて頂けるところで自分のパフォーマンスをしっかり出して、チームの勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います」とコメントしている。どのような役割になったとしても、そろそろ結果を出したいところだろう。

育成の奥山は二軍で17試合に出場し、打率.091と打撃面ではまだまだ課題がある。まずは二軍で結果を出し、支配下登録を目指すことになる。

外国人選手の大型補強も進んでいるが、16年ぶりのリーグ優勝には既存戦力の底上げも欠かせない。桑原や望月といった年男たちの成長が期待される。

【関連記事】
巨人の2021「年男」 高橋優貴が先発ローテを狙う
ホークスの2021「年男」 柳町達と杉山一樹、一軍定着狙う安打製造機と未完の豪腕に注目
ロッテの2021「年男」 平沢大河と福田光輝、壁を破りレギュラー争いに食い込め
中日の2021「年男」 進化する大ベテランの大島洋平、本格派右腕コンビの勝野昌慶とロドリゲス
西武の2021「年男」 エース期待の髙橋光成、完全復活を期すメヒア
DeNAの2021「年男」 坂本裕哉と蝦名達夫、大卒2年目コンビの一軍定着に期待
楽天の2021「年男」 オコエ瑠偉と津留崎大成、奮起と飛躍を期待される2選手に注目
広島の2021「年男」 ライバル加入で勝負の年となる松山竜平、2年目のジンクスに挑む新人王・森下暢仁
日本ハムの2021「年男」 平沼翔太は正遊撃手へ向けて勝負の年
ヤクルトの2021「年男」 長距離砲候補・廣岡大志に期待
オリックスの2021「年男」 打では大下誠一郎、投では吉田凌 経験を糧に飛躍を期待
藤川球児がセーブ数よりこだわった通算防御率、実は歴代5位相当

おすすめの記事