「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球秋季東京大会結果と2021年センバツ出場校予想

2020 11/17 11:00SPAIA編集部
阪神甲子園球場ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

東海大菅生が6年ぶり4回目のセンバツ確実

2021年の第93回選抜高校野球大会の選考資料となる秋季大会が各地で行われている。東京大会は11月15日に決勝が行われ、東海大菅生が6-1で日大三を下して6年ぶり3回目の優勝を果たした。

東京の出場枠は関東と合わせて「6」のため、東海大菅生の6年ぶり4回目のセンバツ出場は確実。日大三の3年ぶり21回目のセンバツ出場は微妙な情勢だ。

関東大会準々決勝で逆転サヨナラ負けした東海大相模(神奈川1位)、関東大会優勝した健大高崎に準々決勝で8回コールド負けした国学院栃木(栃木1位)との争いと見られるが、神奈川、栃木とも4強には残っていないため、地域性で東京から2校選出される可能性は低いかも知れない。

2020年高校野球秋季東京大会


決勝は東海大菅生の快勝だった。初回に1点を先制すると、2回にも1点を追加。5回に1点を返されて1点差となったが、7回に横浜高で春夏連覇し、現在はプロ野球のDeNAでコーチを務める小池正晃を父に持つ小池祐吏のタイムリーなどで4点を追加した。

投げてはエース本田峻也から鈴木康成、千田光一郎と3人の継投で日大三打線を2安打に封じ、今夏の東京独自大会に続く「夏秋連覇」を達成。夏の甲子園では2017年に4強入りしているが、センバツは未勝利だけに、まずは初戦突破を狙う。

日大三は東海大相模、国学院栃木との争いか

準優勝の日大三は、エースナンバーを背負う先発・岡村海琉の後を受けて2回から登板した背番号10の左腕・宇山翼が力投したが、7回に暴投などで4失点し力尽きた。

それでも準決勝では8回一死まで無安打に抑えられていた二松学舎大付に逆転勝ちするなど、伝統校の底力で決勝進出し、3年ぶり21回目のセンバツ出場の可能性を残している。

センバツ出場校は2021年1月29日に行われる選考委員会で、21世紀枠3校を含む32校が決定。3月12日に組み合わせ抽選が行われ、3月19日に開幕する。今秋の明治神宮大会が新型コロナウイルスの影響で中止されたため、例年1枠が与えられる神宮大会枠については今後議論される。

2020年高校野球秋季東京大会トーナメント表


【関連記事】
高校野球秋季北海道大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季東北大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季関東大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季東海大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季北信越大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季近畿大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季中国大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季四国大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球秋季九州大会結果と2021年センバツ出場校予想
高校野球の県内ライバル校伝説【東東京・静岡・岐阜・広島】
高校野球の県内ライバル校伝説【西東京・岩手・富山・高知】
高校野球都道府県別代表校の夏の甲子園最高成績【東京編】
甲子園に出場した東京都立校の成績一覧、遠い「聖地1勝」

おすすめの記事