「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×お金】第4回 スポーツファイナンスの第1人者に聞くスポーツとお金について②

2018 3/9 18:00藤本倫史
インタビュー,永田靖,SPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

―私もこのCRM(データで顧客を分析するシステム)に関して大学院時代から研究していますが、現状、積極的に活用する球団は少ないと思っているのですが、いかがでしょうか。

そうですね。プロ野球はパリーグの球団が積極的に活用している球団がありますが、全球団に浸透していません。JリーグやBリーグには、システムは導入されていますが、上手く稼働しているかと言えば、懐疑的な部分があります。

アメリカでは、このCRMを全球団導入して、顧客情報を集め、分析し、顧客満足度を高めています。

ただ、ここにも人材の問題が出てきます。せっかくCRMを導入しても、使わなければ宝の持ち腐れです。ここでもやはり、わかる人=専門家を雇わなければなりません。私があるMLS(メジャーリーグサッカー)の球団でインタビューした時に、CRMの担当部署に6人配置していると仰っていました。しかも、どの方もCRMに関しての研究を行い、修士の学位を取っています。アメリカでは、そのような優秀な人材をインターンとして、採用し、力を見極めた上で採用を行っています。だからこそ、若くて優秀な人材を育てることができます。

ただ、日本ではこの余裕がありません。では、全くやらないとなるとサービス向上ができません。私はこの問題に対して、コンビニ方式を導入したらどうかと考えます。コンビニは1つの地域に各店舗を回るスーパーバイザーがいます。彼らは売り上げや顧客情報のデータを分析して、各店舗の経営アドバイスを行います。リーグもしくは球団も各地域で、このような専門家を雇い複数の球団を回ってもらえば、コストを下げることができますし、データを有効活用できます。

―日本では、工夫しながら人材育成や顧客分析などを行わなければなりません。クラブも非常に厳しい状況ですね。

やはりJリーグやBリーグは現状のクラブライセンス制度のままだと短期的な経営しかできず苦しい状況が続くと思います。例えば、単年度だけでライセンスをみると、その年は平日開催や天候の問題で観客動員数が減少したなどの要因が考えられます。それで経営が悪いかと言えば必ずしもそうとは言えない。もう少し経営を見るスパンを長くしていくことも必要だと思います。

また、資金を地元の銀行などから借り入れするならばOKだが、リーグから借り入れるのはNGになります。同じお金を借りることですが、リーグの意向としては一般的な金融機関から審査を受けることで、事業計画をしっかりと計画することなどを期待しているのだと思います。

ただ、やろうと思えばリーグがお金を回すこともできますし、クラブ経営を安定させるためには、どのような基準でどのような方向性に向かわせるのかを一緒に考えないといけないと思います。だからこそ、単年度で区切るのではなく、短期、中期、長期の戦略を見ることがいいのではないでしょうか。

おすすめの記事