「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×お金】第3回 お金とデータだけではできないマネジメント②

2018 2/23 18:00藤本倫史
野球,金,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

データだけに偏るマネジメントの危うさ

 前回は、最新のデータ分析と長い時間を経て蓄積されたノウハウ双方の両立が重要であることを述べた。もし、データだけに偏った運営を行うとどうなるのか。その事例の一つとして、2015年に発覚した球団データベースのハッキング事件がある。

 この事件は、前述したジェフ・ルノーGM率いるアストロズのデータベースに侵入したセントルイス・カージナルスの元職員が何度も不正アクセスを行い、トレードや統計データなどを不正入手していたというものだ。ルノーはアストロズの前にカージナルスで働いており、そこからの情報流出であった。個人的な恨みもしくは組織的な関与にしても、カージナルスは罰金200万ドルとドラフト上位権のパス、そして犯人は46か月の懲役刑を科せられ、厳しい処分が下った。

 これは裏を返せば、ルノーのデータが素晴らしいとも言えるが、まさに情報を奪い合う戦争になっている。

 また、昨年にはボストン・レッドソックスが腕時計端末を使用し、サインを盗んでベンチに伝えていたという事件も起こっており、データや最新テクノロジーのルール、そして倫理観も考えなければならない時代になっている。

 その倫理観で言えば、昨年、アトランタ・ブレーブスのGMだったジョン・コッポレラ氏がある事件で球界から永久資格停止の重い処分を受けている。コッポレラの年齢は38歳で、若く優秀な人材だった。ノートルダム大学卒で、大手企業インテルの内定を断り、ニューヨーク・ヤンキースにインターンとして入社。非常に仕事熱心で、30代で夢としていた編成責任者まで上り詰めた。

 しかし、その情熱が悪い方向に出る。中米の有望株を早くから囲い込み、いくつも違反を犯して契約を結んでいた。ドミニカやベネズエラの選手獲得競争は激しく、情報が手に入りやすくなった昨今では過剰な争いになっている。

 どのビジネスもそうだが、ルールを犯してはいけない。しかもスポーツをビジネスにしているにも関わらず、真のスポーツマンシップをわかっていないのは残念だとしか言いようがない。

あなたは年俸15億円の選手を解雇できるか?

 このメジャーリーグの事例だけでなく、他の北米4大スポーツやヨーロッパサッカーでもこのような不正や問題が起きており、スポーツビジネスのあり方が問われている。

 これらはスポーツビジネスがお金を「稼ぐ」ことのできる産業だと認知されてきている証拠かもしれない。ただ、マネジメントは「結果」ではなく、「成果」を定義しなければならない。不正などをして、ある一地点で、優勝したり、収益をあげたりと「結果」を残すことができるかもしれない。しかし、短期、中期、長期の目標とプロセスを含めた面でみる「成果」でなければ、継続的に球団を成功に導くことはできない。

 このことをよく理解しているのはデータ型の代表であるシカゴ・カブスのセオ・エプスタイン球団副社長だ。昨年の6月に、ある試合で7盗塁を許して敗戦した。そこで、盗塁を許した捕手のミゲル・モンテロは、メディアから責任を問われた。しかし、モンテロは自分の非を認めず、先発投手であるジェイク・アリエタをメディアの前で批判した。

 エプスタインはその行動を見て、翌朝にモンテロを解雇した。モンテロはオールスターに2度出場したスター捕手であり、その年の年俸は約15億円である。普通に考えれば注意だけにとどめ、チームに残留させた方が得だと考える。

 しかし、エプスタインは短期的なお金ではなく、長期的な球団やチームへの影響を考えた。結果、チームは前半戦に調子が出なかったが、前年度のワールドシリーズチャンピオンの力を見せ、地区優勝に輝いている。

おすすめの記事