「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

愛知出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、イチロー、金田正一ら名選手輩出

2021 11/16 06:00SPAIA編集部
イチロー氏,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

千賀滉大は2020年に3冠、小川泰弘は1年目に最多勝

プロ野球選手にとって個人タイトルは最高の栄誉のひとつであり、歴史に残る勲章でもある。1950年の2リーグ分立後、本塁打王、打点王、首位打者、最多勝、最優秀防御率の5部門でタイトルを獲得した選手を出身地別に分類(外国出身選手を除く)すると、愛知出身は13人。イチローや金田正一らプロ野球界の中でも飛び抜けた実績を持つ選手を輩出している。

愛知出身のプロ野球タイトルホルダー


蒲郡市出身の千賀滉大は地元の蒲郡高から育成4位でソフトバンクに入団した。剛速球と「お化けフォーク」を武器に2016年から6年連続2桁勝利をマーク。2020年には11勝で最多勝、2.16で最優秀防御率を獲得し、最多奪三振も含めて3冠に輝いた。

小川泰弘は成章高から創価大を経てドラフト2位でヤクルト入り。1年目の2013年に16勝で最多勝に輝いた。

イチローは愛工大名電高からドラフト4位でオリックスに入団し、1994年に当時NPB最多記録の210安打を放ち、打率.385で首位打者。以降7年連続首位打者のタイトルを獲得し、1995年には80打点で打点王にも輝いた。現役引退した2019年まで出身地の豊山町で「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」を毎年開催していた。

稲葉篤紀は東京五輪金メダル

稲葉篤紀は中京大中京高から法政大を経てドラフト3位でヤクルト入り。日本ハム移籍後の2007年に打率.334で首位打者を獲得し、通算2167安打をマークした。侍ジャパンの監督として東京五輪で金メダルに輝き、10月に日本ハムGMに就任している。

小池秀郎は一宮市出身で、長野の武蔵工大信州工高(現東京都市大塩尻高)から亜細亜大に進学した。東都通算28勝をマークし、ドラフトで8球団競合の末に当たりくじを引いたロッテ入団を拒否。松下電器を経てドラフト1位で近鉄に入団し、1997年に15勝で最多勝に輝いた。

山﨑武司は知多市出身で、愛工大名電高からドラフト2位で中日入り。1996年に39本塁打でタイトルを獲得し、オリックスを経て楽天に移籍した2007年には43本塁打、108打点で二冠王に輝いた。

4連投4連勝の杉浦忠、400勝の金田正一

金田留広は愛知高、愛知学院大、日本通運浦和を経て東映に入団。1972年に20勝、ロッテに移籍した1974年に16勝で2度の最多勝に輝いた。

杉浦忠は挙母高から立教大に進み、東京六大学通算36勝をマーク。長嶋茂雄、本屋敷錦吾とともに「立教三羽ガラス」と呼ばれ、鳴り物入りで南海に入団した。1959年に38勝、防御率1.40でタイトルを獲得し、日本シリーズでは4連投4連勝で日本一に輝いた。

金田正一は享栄商(現享栄高)を中退して国鉄入りし、1957年(28勝)、1958年(31勝)、1963年(30勝)と3度の最多勝を獲得。最優秀防御率も1957年(1.63)、1958年(1.30)、1965年(1.84)と3度獲得した。通算400勝は破られることはないだろう。

「ミサイル打線」引っ張った山内和弘

山内和弘は起工業から川島紡績を経て毎日に入団。本塁打王2回、打点王4回、首位打者に1回輝き、「ミサイル打線」の主軸として活躍した。1964年に小山正明と「世紀のトレード」で阪神に移籍し、1968年から広島でもプレー。1970年に引退するまで通算2271安打、396本塁打、1286打点の成績を残した。

長谷川良平は半田商工を卒業後、ノンプロ4チームを経て広島入り。1955年に30勝で最多勝に輝き、通算197勝をマークした。

杉山悟は旧制岡崎中からユタカ産業を経て中日入り。1952年に27本塁打で本塁打王、1954年に91打点で打点王に輝いた。

一宮市出身の大島信雄は旧制岐阜商から慶応大、大塚産業を経て松竹に入団。1年目の1950年に2.03で最優秀防御率に輝いた。

【関連記事】
大阪出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、全国最多の野球王国
東京出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、「世界の王」に「平成の怪物」も
千葉出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、「ミスター」筆頭に強打者多数
兵庫出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、村山実、江夏豊ら阪神勢多数
神奈川出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、菅野智之、青柳晃洋ら好投手多数
熊本出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、川上哲治、村上宗隆ら強打者輩出
宮崎出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、青木宣親、水谷実雄ら打撃職人輩出
岡山出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、山本由伸、佐野恵太ら現役3人
奈良出身のプロ野球タイトルホルダー一覧、古都が誇るスラッガー岡本和真

おすすめの記事