「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知っておきたい冬季オリンピックの歴史と日本人選手

2017 12/27 16:17hiiragi
冬季オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回大会は1924年フランスで開催

冬季オリンピック競技大会第1回大会は、1924年フランスのシャモニー・モンブランで行われた。しかし、この大会は最初から冬季オリンピックとして開催されたわけではない。

元々冬にしかできない氷上や雪上のスポーツは、夏季に行うオリンピックからは除外されていたのだが、人工氷の登場でフィギュアスケートやアイスホッケーなどの氷上スポーツが、夏季オリンピックで実施されるようになった。
すると、冬のスポーツに注目が集まり、1924年、パリオリンピックを行うフランスで、氷上、雪上のスポーツをまとめた単独大会が試験的に行われたのだ。この単独大会は成功を収め、翌年第1回冬季オリンピックとして認可され、第2回大会の開催も決定した。

第2回大会から日本が参加、第4回大会には日本から女性選手も

第2回大会は、1928年スイスのサン・モリッツで開催された。日本が初めて参加したのもこの大会だ。
しかし、日本のスキーとスケートは歴史が浅く、参加競技はスキーノルディックのクロスカントリー、ジャンプ、ノルディック複合の3種目に計6名の選手が出場したのみだった。

それでも、1932年のアメリカレークプラシッドの第3回大会には、スキーノルディックに加え、スケートのスピードに4名とフィギュアに2名の男子選手が出場を果たした。その後、1936年のドイツ、ガルミッシュ・パルテンキルヘンの第4回大会には、フィギュアで稲田悦子選手が小学校6年生で出場して10位に入り、初の冬季オリンピック日本代表女性選手となった。

おすすめの記事