「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名球会入りが7人誕生した1968年ドラフト会議を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

空前絶後の大豊作

1965年に第1回が行われたドラフト会議。第4回を迎えた1968年は数多くの名選手が誕生している。200勝、2000本安打という名球会への入会資格をクリアしている選手は7名。(その年のドラフトで指名されたものの入団しなかった選手を含めると8名)
選手引退後にプロ野球の一軍監督を経験した選手も7名誕生し、球史に残ったという、振り返ると1965年のドラフト会議は大豊作の年であった。また、高卒、大卒、社会人からと各世代から名球会入り・監督経験者が生まれている。
金田正一選手(元巨人)の実弟である金田留広選手が東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)指名されたことも話題になった。
1968年のドラフト会議は、今から振り返ると野球史に燦然と輝く記念すべき年であり、実に素晴らしい収穫があった年であった。

法大三羽烏が注目を集める

この年のドラフト会議の目玉は山本浩二選手、田淵幸一選手、富田勝選手の法政大学所属の3選手だった。この3名は「法大三羽烏」と呼ばれており、即戦力候補としての期待がかかっており最も注目を浴びていた。
当時のドラフトは一斉入札ではなく、予備抽選で指名巡を決める方式をとっていた。予備抽選で決まった指名巡は東映、広島、阪神、南海、サンケイ、東京、近鉄、巨人、大洋、中日、阪急、西鉄。
東映は、東都大学野球連盟新記録となる20本塁打を放っていた亜細亜大学の大橋穣選手を指名。2番目の指名巡となっていた広島東洋カープが山本選手を指名。立教大学時代に長嶋茂雄選手が記録した8本塁打の記録を大幅に更新し、東京六大学記録の22本塁打を放っていた田淵選手を指名したのは阪神だった。
続く南海ホークスが富田選手を指名。「法大三羽烏」は4球団目までに全員が指名されたのだった。
プロ入り後は山本選手が「ミスター赤ヘル」として名球会入り、現役引退後も広島の監督、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも日本代表監督を務めるなど最も功績を残したと言えるだろう。田淵選手は「ミスタータイガース」として活躍し、王貞治選手の本塁打王を阻止するなどスラッガーとして名を馳せた。現役引退後は福岡ダイエーホークスで監督も務めている。
その2人には見劣りしてしまうものの、富田選手も南海、巨人、日本ハム、中日と4球団でプレーし1303試合に出場。1087安打、107本塁打を記録するなど一定の成果を残している。

おすすめの記事