「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

江川選手、小池選手、福留選手…ドラフトにおける入団拒否を振り返る

2017 8/3 12:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年ドラフトでは山口選手が入団拒否

2016年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから6位指名を受けた山口裕次郎選手。ドラフト前から上位指名でなければ、社会人へ進むことを表明したこともあり入団を拒否。社会人野球の強豪でもあるJR東日本へと入部した。山口選手は高卒社会人となり2019年のドラフトが解禁となる。
また、2015年度は巨人が育成3位で指名した松澤祐介選手が、指名後のケガ発覚により入団拒否となった。松澤選手は所属していた四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズに残ることになる。2016年シーズンで結果を残した松澤選手は、2016年のドラフトで再び巨人から指名(育成8位)され入団に至っている。
このように毎年、少数ではあるがプロからのドラフト指名を拒否し社会人野球に進む、あるいは浪人する選手は存在する。
今回は、その入団拒否を行った選手を取り上げていく。

8球団競合からの入団拒否

1989年ドラフト会議で史上最多となる8球団競合となった野茂英雄選手。抽選の末に交渉権を獲得したのは近鉄バファローズだった。1年目から18勝(8敗)、287奪三振、防御率2.91の記録をマークし最多勝、最多奪三振、最優秀防御率、最高勝率のタイトルを獲得。新人王、沢村賞、MVPを受賞し8球団競合の実力を見せた。
その野茂旋風が巻き起こったシーズンオフに行われた1990年のドラフト会議。この年の目玉は亜細亜大学の小池秀郎選手だった。小池選手には野茂選手と同じく8球団が入札。抽選の結果、ロッテオリオンズが交渉権を獲得。小池選手は西武ライオンズ、ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツの3球団を希望しており、それ以外なら入団拒否を表明していた。その言葉通りロッテには入団せず、社会人野球の松下電器へと進む。
社会人時代は故障もあり思うような成績を残すことはできなかったが、2年後の1992年に近鉄から1位指名を受け入団を果たしている。プロ入り後は1997年に15勝(6敗)の成績で最多勝を獲得し、一定の成績を残している。

おすすめの記事