「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドラフト指名を拒否した選手のドラマを紹介

2017 3/3 18:51
新人選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Thorsten Schmitt/Shutterstock.com

プロ野球のドラフトでは、必ずしも自分の希望する球団に入れるとは限らない。 そんなルールが、これまでさまざまなドラマを生み出してきた。 ドラフトの悲喜こもごもの歴史を振り返っていく。

4度もドラフト指名を拒否した藤沢公也氏

1969年夏の甲子園でエースピッチャーとして準決勝まで進出し、一躍プロ球団の注目の的となった藤沢公也氏。同年のドラフトでロッテオリオンズから3位に指名されるも入団を拒否した。その後は社会人野球に進み、都市対抗で活躍。何度もさまざまなチームからドラフト指名を受けるが、そのたびに拒否する。理由は「プロでやっていく自信がないから」という、実に単純なものだった。
しかし、1977年オフに中日ドラゴンズから1位指名を受け、ついに入団を決意する。1年目に巧みな投球術で13勝を挙げて新人王に輝き、その実力は確かなものだったことを証明した。通算4度の入団拒否は、2016年現在最多の記録となっている。

家庭の事情で入団を拒否した木田勇氏

甲子園でベスト4、社会人野球の都市対抗戦でも決勝までチームを導く原動力となった木田勇氏は、1979年に3球団からドラフト指名を受けるも拒否する。神奈川県にいる両親が体調不良で地元を離れるわけにいかない、というのが理由だった。
翌1980年にまたしても3球団から指名を受け、交渉権を引き当てた日本ハムに覚悟の入団をする。ルーキーイヤーは速球を軸にカーブやパームボールも織り交ぜて打者を翻弄、驚異的な活躍を見せる。最終的に22勝4セーブを挙げ、防御率など投手3冠に輝いてチームを優勝に導いた。さらに同年、新人では初のMVPにも選ばれている。

おすすめの記事