「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックス・バファローズの歴代監督がチームに残したモノ

2016 7/31 18:20
京セラドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

2004年に2つの球団が合併して誕生したオリックス・バファローズ。古くから続く名門球団である。阪急ブレーブス時代からの歴代監督たちが何を残したのか。3人の監督をピックアップして、彼らが残した記録や育てた名選手を紹介する。

仰木彬

仰木彬は、近鉄バファローズ、オリックス・ブルーウェーブの黄金期を築いた名将中の名将だ。仰木監督が率いた2つの球団が後に合併することになることを考えると、何ともドラマティックな縁を感じてしまう。
近鉄ではリーグ優勝、オリックスでは日本一にも輝いている。また、オリックスでは11年連続でAクラス入りを果たすなど、監督としての手腕は誰もが認めるすばらしい実績だ。

しかし、仰木監督がチームに残したモノは実績だけではない。球団のみならず日本球界、果てはメジャーリーグで大活躍した2人の名選手を育てあげたことだろう。1人はトルネード投法で大活躍した野茂秀雄。そしてもう1人は、今なお現役メジャーリーガーとして活躍するイチローだ。
2人はトルネード投法、振り子打法など個性的な身体の使い方をする選手だ。普通なら矯正されてしまい、つぶされてしまいそうなものだが、仰木監督は決して矯正することはなかった。好きにやらせたらいいと彼らの意向をくみ取り、名選手に育てあげたのだ。口で言うのは簡単だが、なかなか出来ることではない。

おすすめの記事