「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉ロッテマリーンズの18番を背負ってきた名選手5人

2016 7/31 09:20
背番号18
このエントリーをはてなブックマークに追加

コアなマリーンズファンとしては、歴代の背番号18番を背負った選手を知りたいだろう。 今回の記事で、往年の名選手から、期待の若手までを紹介する。

若き天才・植村義信投手

ロッテの前身である毎日オリオンズの初期を支えた投手だ。1953年から1961年の9年間にわたって、背番号18を背負っていた。 芦屋高等学校では、2年生の夏から3大会連続で甲子園に出場し、1952年の夏の甲子園大会では、決勝で八尾高を破って初優勝を飾っている。
1953年に毎日オリオンズに入団すると、2年目から一軍に定着。4年目の1956年には19勝を挙げ、最高勝率のタイトルを獲得した(19勝5敗、勝率.792)。 オールスターゲームにも2回出場し、ますますの活躍が期待されたが、たび重なるけがや病気の影響もあって、26歳の若さで惜しまれつつ引退した。

次代の育成者・石川賢投手

石川賢投手は、中学時代は野球部だけでなく陸上部としても活躍。高校時代は日川高校で1年生からエースピッチャーとして活躍。1978年の夏の甲子園にもエースで4番として出場した。
その後、日本大学に進学し、東都大学リーグでの1部昇格に多大な貢献をした。1982年のドラフトでロッテオリオンズより1位指名を受けて入団した。 前評判通りの能力を発揮し、1年目から一軍に定着し、翌年には15勝4敗で、最高勝率(.789)のタイトルを獲得した。しかし、翌年からは肩やひじのケガに悩まされ、期待されるような成績は残せなかった。
現在は教員免許を取得し、埼玉平成高等学校で教鞭をとっているほか、2013年には日本学生野球協会により、学生野球資格が回復されたので、アマチュアの指導も可能になっているそうだ。

おすすめの記事