「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヤクルトの歴代本塁打王は9人【タイトル獲得選手数ランキング】

2020 10/17 06:00SPAIA編集部
山田哲人ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

9選手が計12度の本塁打王に輝く

プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。

1950年の2リーグ分立以降で個人タイトルを獲得した選手数を球団別に調べてみた。本塁打王は下表の通りとなっている。

本塁打王獲得選手数ランキング


本塁打王のタイトルを獲得した選手が最も多い球団は中日と日本ハム。セ・リーグ2位は9人のヤクルトとなっている。9人中6人が助っ人外国人というのも特徴のひとつだ。今回はヤクルトの歴代本塁打王を振り返ってみたい。

国鉄時代は町田行彦と佐藤孝夫、パリッシュは42発

2リーグ分立後、初めて本塁打王に輝いたのが、国鉄時代の町田行彦だ。

ヤクルトの歴代本塁打王


町田はプロ4年目の1955年、31本塁打でタイトル獲得。引退までに通算129本塁打を放った。

1952年に国鉄入団した佐藤孝夫は、1年目に14本塁打で新人王に輝くと、1957年に22本塁打をマーク。国鉄最後の本塁打王となった。

メジャー通算256本塁打の実績を引っ提げてラリー・パリッシュがヤクルト入りしたのが1989年。42本塁打をマークしてMLB仕込みのパワーを見せつけた。翌1990年は阪神に移籍して28本塁打を放っている。

ハウエル、ホージー、ペタジーニ、ラミレスと助っ人が爆発

ジャック・ハウエルは1992年に来日し、38本塁打、打率.331で二冠王。1995年は巨人でプレーし、NPB通算100本塁打、272打点、打率.291の成績を残した。

ドゥエイン・ホージーは1997年にヤクルト入りし、38本塁打でタイトル獲得。パンチ力だけでなく、走っても20盗塁をマークした。

ロベルト・ペタジーニもヤクルト球団史に名を残した助っ人だ。来日1年目の1999年、いきなり44本塁打でタイトル獲得すると、2001年には39本塁打、127打点で二冠王。2003年から2年間は巨人、その後、MLBや韓国、2010年にはソフトバンクでもプレーし、NPB通算233本塁打をマークした。友人の母だった25歳年上のオルガ夫人との仲睦まじい姿も話題を呼んだ。

現DeNA監督のアレックス・ラミレスがヤクルト入りしたのは2001年だった。来日3年目の2003年に189安打、40本塁打、124打点でタイトルを獲得すると、2007年にも204安打、122打点で打点王と最多安打。2008年に巨人に移籍してからも本塁打王1回、首位打者1回、最多安打1回、打点王に2回輝いた。

DeNAを2013年に退団するまでNPB通算2017安打、380本塁打、1272打点をマーク。2016年からDeNAで指揮を執っている。

58年ぶり日本人キングとなった山田哲人

ウラディミール・バレンティンは2011年からヤクルトでプレーし、31本、31本、60本で3年連続本塁打王。王貞治が1964年にマークし、タフィ・ローズやアレックス・カブレラでさえ越えられなかった55本の壁をクリアし、日本プロ野球記録を塗り替えた。ヤクルト在籍9年で通算288本塁打。2020年からソフトバンクでプレーしている。

佐藤孝夫以来58年ぶりに日本人キングとなったのが山田哲人。2015年、38本塁打で本塁打王に輝いただけでなく、打率.329、34盗塁でトリプルスリーを達成。リーグ優勝に大きく貢献した。

狭い神宮球場が本拠地ということもあるが、優良助っ人外国人が多いヤクルト。若き主砲・村上宗隆が10人目となるだろうか。

【関連記事】
ヤクルトの歴代首位打者はセ最少の5人【タイトル獲得選手数ランキング】
ヤクルトの歴代最多勝投手はセ4位の8人【タイトル獲得選手数ランキング】
岡本和真が狙う本塁打王、巨人の歴代キングは何人?【タイトル獲得選手数ランキング】
中日の歴代本塁打王は最多10人【タイトル獲得選手数ランキング】
大山悠輔は6人目なるか?阪神の歴代本塁打王はセ最少【タイトル獲得選手数ランキング】
DeNAの歴代本塁打王は8人【タイトル獲得選手数ランキング】
広島の歴代本塁打王はセ最少タイ5人【タイトル獲得選手数ランキング】
日本ハムの歴代本塁打王は最多タイ10人【タイトル獲得選手数ランキング】
西武の歴代本塁打王はパ2位8人【タイトル獲得選手数ランキング】
ソフトバンクの歴代本塁打王は意外に少ない5人【タイトル獲得選手数ランキング】
オリックスの歴代本塁打王は5人【タイトル獲得選手数ランキング】
ロッテの歴代本塁打王はわずか4人【タイトル獲得選手数ランキング】
近鉄、楽天の歴代本塁打王は?【タイトル獲得選手数ランキング】
FAで4人を獲得したヤクルト、移籍選手の「その後」は?

おすすめの記事