「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【だげん、すきっちゃ!】大分県のサッカー強豪校4選

2016 8/20 14:15
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

大分トリニータというJリーグチームがある大分県の高校サッカー事情はどのようになっているのだろうか。
大分高等学校や大分県立情報科学高等学校など、大分だけでなく全国的にも有名な強豪校を4校、厳選して紹介していく。

Jリーガーを多く輩出!【大分高等学校】

大分高等学校は、中高一貫校である私立の高校だ。地元の人たちからは「分高」と呼ばれ親しまれている。 中学には特進コースとスポーツコースがあり、大分高校サッカー部も中等部からサッカー部の選手として育ってきた選手が多く在籍している。
高校には普通科の中にアスリート専攻というコースがあり、アスリートを目指す生徒たちはこのコースに進む。
大分県内で一番といって良いであろうサッカー強豪校であり、2012年の全国高校サッカー選手権大会では県勢初となるベスト4まで勝ち進んだ。 コンサドーレ札幌の内村圭宏選手など多くのJリーガーを輩出している。

県立情報系高校【大分県立情報科学高等学校】

大分県立情報科学高等学校は、大分県大分市にある県立高等学校だ。 商業科の情報管理課・情報経営課の他、工業科の情報電子科と3学科がある。
県立高校ながらサッカー部が強豪校として知られており、その他野球部も全国大会に出場するなど強豪として知られている。試合に全校総出で応援することも多く、生徒全員でサッカー部を盛り上げている。

工業高校と商業高校の統合でできた新設校【大分県立中津東高等学校】

大分県立中津東高等学校は、実業高等学校であり、大分県中津市に所在している。
2009年に大分県立中津商業高等学校と大分県立中津工業高校を統合し開設された高校だ。 そのため、工業科と商業科があり、総合選択制高校となっている。
前身の中津工業高校サッカー部からは、Jリーグ初期にサンフレッチェ広島や横浜マリノスで活躍したGK河野和正などのサッカー選手を多数輩出しており、大分県内で注目されている高校のひとつである。2016年インターハイでは県大会で優勝し、悲願の全国大会出場を果たした。

《関連データ》強豪校の伝統を受け継ぐ新進気鋭のチーム!中津東高校サッカー部

スポーツ部活動に力を入れている私立校【柳ヶ浦高等学校】

柳ヶ浦高等学校は、大分県宇佐市大字江須賀に所在している私立高等学校である。
スポーツ部活動にとても力を入れている学校として大分県内で知られており、野球部は全国大会常連校だ。 看護科と普通科があり看護科は5年制、普通科には体育進学コースが存在し、体育進学コースの生徒たちの多くはスポーツ部活動の中心にいる。
元々は女学校だったが、1966年から男女共学になり、今ではスポーツ部活強豪校として有名。 サッカー部からはJリーガーを輩出した経験もあり、活躍が期待されている。

まとめ

プロのサッカーは素晴らしいが、高校サッカー観戦もまた違う楽しみ方がある。
紹介した高校でプレーする選手たちの中からJリーグの舞台で活躍する選手が輩出されるだろう。そんな未来の原石をぜひ探してみてほしい。

おすすめの記事