「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強豪校の伝統を受け継ぐ新進気鋭のチーム!中津東高校サッカー部

2017 5/15 09:56takutaku
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Kochergin/Shutterstock.com

中津東高校は、2009年に中津商業高校と中津工業高校が統合して創設された新しい高校だ。 しかし、サッカー部の実力は折り紙つきで、旧中津工業時代から大分の強豪として知られていた。 今回はそんな中津東高校サッカー部の気になる情報をまとめた。

2009年創部の中津東高校サッカー部

大分県立中津東高校は、中津商業高校と中津工業高校が統合して2009年に創設された。したがって、中津東高校サッカー部としては、ほとんど歴史がない状態といえるだろう。
旧中津工業は運動部の活動が活発なことで有名だった。特に野球部はプロ野球選手を多く輩出するなど全国的なチームだった。それに比べるとサッカー部の存在感はあまり大きくはなかったが、それでも大分県では実力校として知られており、OBには実業団やプロで活躍した選手を輩出している。

前身の旧中津工業は県内有数の強豪校!

旧中津工業時代、大分の高校サッカー界には3つの強豪が君臨していた。筆頭は大分高校、次が県立情報科学高等学校、そして中津工業だ。
平成以降の戦績をチェックしてみると、夏のインターハイ、冬の選手権、新人戦という3つの主要大会では、ほとんどの年でこの3チームが優勝を分け合っている。
中津工業は1989年・91年・93年とインターハイ県予選優勝。インターハイでは1993年までに7回も県代表に選ばれているので、やはり大分県内でも指折りの実力校だったと言ってよいだろう。

おすすめの記事