「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【おがっています】宮崎県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
高校サッカー,練習風景
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

今や国民的スポーツとなったサッカー。
Jリーグや海外のサッカー本場の地で活躍する選手達も、高校生の頃は無我夢中でボールを追いかけていたのでしょう。
青空に白い雲、爽やかな南国のイメージの宮崎県は2013年に全国高等学校サッカー選手権で初優勝を手にし、今後の活躍に期待が高まっています。

正に「実学と協調性」の精神【鵬翔高等学校】サッカー部

宮崎勢として初めて、2013年の全国高等学校サッカー選手権で優勝を手にした鵬翔高校は、県内でも有数のサッカー強豪校です。同大会で戦った6試合の内4試合がPK戦での勝利で、その内2試合は準決勝と決勝の2試合連続でのPK戦勝利であり、どちらも大会史上初となりました。
これは同校の見学の精神「実学」を見事に表し、もう一つの精神「協調性」を大事にして掴んだ、日頃の努力の積み重ねが導いた優勝ではないでしょうか。今後も同大会において、圧倒的な強さを見せるべく突き進んでほしいと願います。

貫き極めろ【日章学園高等学校】サッカー部

平成28年度の第94回全国高等学校サッカー選手権大会代表の座をかけた予選を勝ち抜いたのは、宮崎県宮崎市にある日章学園高校でした。同全国大会には間をおかずに顔を出す強豪校で、ベスト8まで勝ち進んだことも1度ではありません。
文武両道を詠い、少人数クラスを取り入れて進学を目指し、体育実技では1つの競技を選択して礼法や人間としての教育の充実を目指した結果、大学や企業からの逆指名も多くみられるようです。今年度のスローガン「貫き極めろ」の言葉の如く、サッカーにおいても次こそ全国大会の制覇を目指して突き進んでほしいと願います。

夢実現!【県立宮崎工業高等学校】サッカー部

宮崎県のサッカー強豪校としては、県内大会において毎回良い成績を収めている宮崎工業高校ですが、全国高等学校サッカー選手権大会においては1987年に1度、2回戦進出を果たしています。
明治に開校した伝統ある工業高校で「Never give up!夢実現」のスローガンを掲げ、「努力・誠実・創意」の校訓に沿って何事もたゆまず努力を続けている姿勢が、サッカー部の戦績にも表れているようです。近い将来に全国大会に出場する姿を応援したくなる学校です。

恵まれた環境の【宮崎日大高等学校】サッカー部

1963年に開校した宮崎日大高等学校は、日本大学の準付属校であり歴史もそう古くはありませんが、県でも有名な規模の大きな学校で定員数は1500人を超えています。年々校舎や施設を改築や増築して、地上6階地下1階の整った環境に入学を希望する生徒は後を絶ちません。
そんな近代的な設備の半面、かの吉田松陰の「志を高く1日の完全燃焼を求める」立志の教えを朗唱してから1時間目の授業に入ります。進学校である一方、サッカー部専用のグラウンドも完備し県内の予選を勝ち進む勢いで、全国大会出場を果たす日を目標に定めているのです。

無限の選択肢【日南学園高等学校】サッカー部

県内選手権大会でベスト4まで勝ち抜いた日南学園高等学校。その名は広く知られていて、サッカー部のみでなく多岐にわたる部活動が盛んであり、難関大学への進学率は近年急増し、就職率は100%と共に高く、個性を尊重するという校風にのっとり、生徒一人一人が活き活きと学生生活を過ごしている様子が感じられます。
サッカー部の成績にもその力が加わり、他の部活動と刺激し合い自ずと力を発揮しているようで、このまま宮崎県の高校サッカーの代名詞となるべく、突き進んでほしいと願います。

まとめ

いかがでしたか?持ち前の、のびのびとした精神でその道を切り開き進む宮崎県の高校生たちを、全力で応援したいですね。

以上「【おがっています】宮崎県のサッカー強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事