「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【おがっています】宮崎県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
高校サッカー,練習風景
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

今や国民的スポーツとなったサッカー。
Jリーグや海外のサッカー本場の地で活躍する選手達も、高校生の頃は無我夢中でボールを追いかけていたのでしょう。
青空に白い雲、爽やかな南国のイメージの宮崎県は2013年に全国高等学校サッカー選手権で初優勝を手にし、今後の活躍に期待が高まっています。

正に「実学と協調性」の精神【鵬翔高等学校】サッカー部

宮崎勢として初めて、2013年の全国高等学校サッカー選手権で優勝を手にした鵬翔高校は、県内でも有数のサッカー強豪校です。同大会で戦った6試合の内4試合がPK戦での勝利で、その内2試合は準決勝と決勝の2試合連続でのPK戦勝利であり、どちらも大会史上初となりました。
これは同校の見学の精神「実学」を見事に表し、もう一つの精神「協調性」を大事にして掴んだ、日頃の努力の積み重ねが導いた優勝ではないでしょうか。今後も同大会において、圧倒的な強さを見せるべく突き進んでほしいと願います。

貫き極めろ【日章学園高等学校】サッカー部

平成28年度の第94回全国高等学校サッカー選手権大会代表の座をかけた予選を勝ち抜いたのは、宮崎県宮崎市にある日章学園高校でした。同全国大会には間をおかずに顔を出す強豪校で、ベスト8まで勝ち進んだことも1度ではありません。
文武両道を詠い、少人数クラスを取り入れて進学を目指し、体育実技では1つの競技を選択して礼法や人間としての教育の充実を目指した結果、大学や企業からの逆指名も多くみられるようです。今年度のスローガン「貫き極めろ」の言葉の如く、サッカーにおいても次こそ全国大会の制覇を目指して突き進んでほしいと願います。

おすすめの記事