「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号21の名選手たち

2017 10/13 10:05cut
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「21」

投手の番号として定着している背番号「21」。2017年各球団の背番号「21」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:武田久選手(投手)
ソフトバンク:和田毅選手(投手)
ロッテ:内竜也選手(投手)
西武:十亀剣選手(投手)
楽天:釜田佳直選手(投手)
オリックス:西勇輝選手(投手)
広島:中﨑翔太選手(投手)
巨人:吉川光夫選手(投手)
DeNA:今永昇太選手(投手)
阪神:岩田稔選手(投手)
ヤクルト:松岡健一選手(投手)
中日:岡田俊哉選手(投手)

不在:0球団
永久欠番:0球団
投手:12球団
捕手:0球団
内野手:0球団
外野手:0球団

2017年シーズンは全12球団が投手の番号となっている背番号「21」。右腕7選手、左腕5選手の内訳となっており、左腕が与えられることの多い番号ともいえるだろう。

読売ジャイアンツにおいては高橋一三選手が1967年に背負い左腕エースに与えられることが多くなった。高橋一三選手以降は右投手に与えられることもあったものの、宮本和知選手、高橋尚成選手ら左腕エースが着用。2017年シーズンからはトレードで加入した左腕の吉川光夫選手に与えられている。

親会社が変わってもエースの系譜は続く

南海ホークスの大エースとして活躍した杉浦忠選手。立教大学時代は長嶋茂雄選手(巨人)とともにプレーし、1958年に南海へ入団すると背番号「21」を与えられた。この年、杉浦選手は27勝12敗、防御率2.05の成績を残し新人王を受賞。
翌1959年には38勝4敗と圧倒的な勝率でMVPに輝きチームの優勝に貢献。日本シリーズでは4連投4連勝とまさに大車輪の活躍をみせ、ここでもMVPに輝いている。日本シリーズ4連投4連勝は今後、破られることのない不滅の大記録と言っていいだろう。

杉浦選手は1970年までに187勝106敗の成績を残し、名球会入会資格の200勝まであとわずかのところで現役を引退。その後、1986年から1989年までは南海(1989年はダイエー)の監督も務めている。監督として実績を残すことは出来なかったものの、競技者表彰で1995年に野球殿堂入りも果たしている。

この杉浦選手以降、親会社がダイエー、ソフトバンクと変わっても工藤公康選手、和田毅選手らエース級の選手に背番号「21」が与えられエースの系譜は続いている。2016年シーズンもメジャーリーグから復帰した和田選手が、この番号を背負い最多勝を獲得。今後も、エース級の選手に受け継がれていくことになりそうだ。

おすすめの記事