「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号22の名選手たち

2017 12/31 19:05cut
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Andrey Yurlov/Shutterstock.com

2017年現役選手の背番号「22」

投手、捕手のバッテリーに多く着用されている背番号「22」。2017年各球団の背番号「22」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:不在
ソフトバンク:斐紹選手(捕手)
ロッテ:田村龍弘選手(捕手)
西武:中塚駿太選手(投手)
楽天:戸村健次選手(投手)
オリックス:伊藤光選手(捕手)
広島:中村恭平選手(投手)
巨人:小林誠司選手(捕手)
DeNA:高崎健太郎選手(投手)
阪神:藤川球児選手(投手)
ヤクルト:竹下真吾選手(投手)
中日:大野雄大選手(投手)

不在:1球団
永久欠番:0球団
投手:7球団
捕手:4球団
内野手:0球団
外野手:0球団

捕手で背番号「22」を背負うのは田淵幸一選手の影響が大きいだろう。しかし、田淵選手が在籍していた阪神タイガース、西武ライオンズはともに投手が背番号「22」と着用しており捕手の番号となっていない。

「JFK」の一角!藤川球児選手

藤川球児選手(阪神)は松坂大輔選手(ソフトバンク)を中心とした「松坂世代」(1980年4月2日?1981年4月1日生まれ)の一人だ。1998年ドラフト1位で高知商業高校から阪神へ入団。入団当初の背番号は「30」だった。その後、名前の「球児」にあやかり「92」を背負っていたが、2005年から「22」へと変更。この年に藤川選手はJFKと呼ばれる鉄壁の中継ぎ陣を結成し、リーグ優勝に大きく貢献した。

2007年からはクローザーとなり2度の最多セーブ投手を獲得。2012年オフにメジャーリーグのシカゴ・カブスへと移籍している。メジャーリーグではカブス、テキサス・レンジャーズの2球団でプレーしたが背番号「22」を着用することはなかった。

2015年6月に日本へ戻り四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスへと移籍。ここでも背番号「22」を背負うことはなく「11」を背負っていた。その後、阪神に復帰した2016年はエースナンバーと呼ばれることの多い背番号「18」を着用したが、以前の番号である「22」に愛着があり2017年シーズンからは変更している。

おすすめの記事