「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球で背番号11を背負う名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「11」

歴史的にも名投手の着用が多い背番号「11」。2017年シーズン各球団の背番号「11」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:大谷翔平選手(投手)
ソフトバンク:中田賢一選手(投手)
ロッテ:佐々木千隼選手(投手)
西武:今井達也選手(投手)
楽天:岸孝之選手(投手)
オリックス:松葉貴大選手(投手)
広島:福井優也選手(投手)
巨人:不在
DeNA:不在
阪神:永久欠番(村山実選手)
ヤクルト:由規選手(投手)
中日:小笠原慎之介選手(投手)

不在:2球団
永久欠番:1球団
投手:9球団
捕手:0球団
内野手:0球団
外野手:0球団

各球団ともにエース級、またはその期待をかけられている選手が与えられる場号でもある背番号「11」。2017年シーズンでは北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手、東北楽天ゴールデンイーグルスの岸孝之選手らがエース級として活躍。

また、2016年ドラフト1位投手である埼玉西武ライオンズの今井達也選手、千葉ロッテマリーンズの佐々木千隼選手も期待の大きさから背番号「11」を与えられている。

阪神タイガースは長嶋茂雄選手(巨人)らと名勝負を繰り広げた村山実選手が背番号「11」を背負っていたことで永久欠番となった。

巨人はクルーズ選手が着用していた。しかし、シーズン途中に楽天へと移籍したために空き番号となっている。

メジャーリーガーのパイオニア野茂英雄選手

日本人史上2人目のメジャーリーガーとなった野茂英雄選手。新日鉄堺から1989年のドラフト会議で史上最多となる8球団競合の末に近鉄バファローズへ入団した。初年度から背番号「11」をつけエースとしての期待を掛けられていた。

野茂選手は期待通りの活躍を見せ4年連続最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得。球界のエースへと成長した。5年目のシーズンである1994年後半は肩の故障により離脱。そのオフに契約更改で球団と揉めたこともあり、任意引退からロサンゼルスドジャースへと移籍となった。マッシー村上選手以来、日本人選手にとって2人目のメジャーリーガー誕生であった。

ドジャースでの背番号は「16」となったものの、1999年(ブルワーズ)、2001年(レッドソックス)、2005年(レイズ)では背番号「11」を着用している。

一方近鉄では、野茂選手以降のメジャーリーガーである大塚晶文選手らが背番号「11」を着用している。しかし、2004年に球団が解散したことで系譜は途切れている。

おすすめの記事