「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バドミントン 四文字ペアの歴史〈4〉「タカマツ」編

2017 2/23 12:38きょういち
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

4文字の系譜は金メダリストに

 昨年夏のリオデジャネイロ五輪で大ブレークしたアスリートと言えば、間違いなくこの2人でしょう。

バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋礼華(あやか)、松友美佐紀の「タカマツ」ペア。その愛称は、昨年の流行語大賞の候補にもなりました。

 「オグシオ」から始まった4文字ペアの愛称の系譜は、「スエマエ」「フジカキ」と続き、ついに金メダリストへと受け継がれました。

クレバーな雰囲気が漂った17歳の松友

 筆者は「タカマツ」として会う前に、松友1人の時に最初に顔を合わせました。今からおよそ8年前のことです。

 松友は徳島の中学を卒業した後、地元を離れて宮城の聖ウルスラ学院英智高校に進学。話を聞いたときは3年生で、学年が一つ上の高橋は卒業し、すでに社会人選手になっていました。
 あどけなさの残る17歳でしたが、バドミントンの世界では超一流。すでに全国の選手から目標とされる存在でした。

 高校2年生の時にシングルス、ダブルス、団体のすべての種目でインターハイ優勝。なぜ強いのか、周囲に話を聞くと、共通して返ってきたのがこの言葉でした。

 「頭がいい」

 実際、質問してみると、それは合点がいきました。
 松友の身長は158センチ。決して大きくはありません。彼女に自分のプレーの特長を聞くと、そのマイナス要素をしっかりと意識していました。

 「背がないから、相手の動きをよんで、速く動く」

 考えが賢いから、プレーもクレバーになっている印象でした。
 インターハイの後は、海外を転戦することになっていました。それに向けて言った決意も思い出されます。

 「自分の力がどこまで通用するのか肌で感じたい」

 3年後にはロンドン五輪が控えていましたが、すでに視線は2016年のリオデジャネイロ五輪に向かっていました。

おすすめの記事