「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知ってるようで意外と知らない!「テコンドー」の基本ルール

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.sankei.com

日本のお隣、韓国が発祥のスポーツ「テコンドー」。 名前は聞いたことがあるけれど、ルールをはじめ、どんなスポーツか知らないという方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、「テコンドー」のルールなどを詳しくご説明します。

「ITF」と「WTF」の2つのスタイルが存在するテコンドー

「足のボクシング」とも呼ばれるテコンドーは、スピーディーかつ多種多様な蹴り技が繰り広げられるスポーツです。「国際テコンドー連盟(International Taekwondo Federation)」と「世界テコンドー連盟(World Taekwondo Federation)」という2つの団体があり、それぞれ異なるスタイルを採用しています。
前者は武道の性質が強く、手足のみ防具を装着して行う一方、後者は手足だけでなく頭部や胴部にも防具を装着するなど、フェンシングに似ているのが特徴です。オリンピックの競技に採用されているのはWTFで、競技人口は世界で5000万人にも及ぶと言われています。

テコンドーの試合は2分×3ラウンド形式で開催される

「テコンドー」の試合は、8メートル×8メートルの競技場で行なわれます。 1試合あたり2分×3ラウンドを行い、それぞれのラウンドの間に1分のインターバルが設けられます。大会によっては、1分ではなく40秒のインターバルの場合もあります。なお、試合には必ずセコンドと一緒に出場しなければなりません。
また、試合は打撃による加点と反則などによる減点によって勝敗が決定し、終了した時点でポイントが高い選手が勝利となります。

おすすめの記事