「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

聖地からプロレスの魅力を探る!

2017 5/1 10:13
プロレス(レスリングは別)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Hurst Photo/Shutterstock.com

全日本プロレスをはじめとして、日本には多くのプロレス協会があります。プロレスの聖地とは、どこにあるのか。そしてプロレスの魅力に迫っていきます!プロレスについて詳しくない方もこの機会に魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

プロレスの聖地、王道は…

まずはプロレスの聖地について知るところから始めましょう!プロレスがお好きな方ならば必ず知っているといっても過言ではないはずです。プロレスの聖地として有名なのが…そう後楽園ホールです!
後楽園ホールは1962年の開業以来50年以上人々の娯楽の地として活躍しています。収容人数は2000人を超え、ボクシングなどの格闘技の試合で多く使われているため、「格闘技の聖地」と呼ばれ、人々に親しまれています。
初めて行われた試合がジャイアント馬場VSルイス・ヘルナンデスで、当時は大盛況でした。後楽園ホールは誰もが認める聖地です。

プロレスの聖地はひとつではない?

聖地といえばひとつしかないようなイメージがあるかもしれませんが、全国各地で熱戦が繰り広げられてきたプロレスには、聖地として主張される場所が複数あります。その中の一つが、蔵前国技館です。
両国国技館が建てられるまでは、東京で大相撲の本場所が開催されていたところでもあります。規模が非常に大きく、1万人を超える人数を収容することが可能です。
力道山やアントニオ猪木、ジャイアント馬場などがこの地で試合を行いました。相撲の土俵の上にリングが設置されていたため、悪徳レスラーが土俵の砂を相手にかける場面も見られました。

おすすめの記事