「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲出身のプロレスラーを、転向した経緯や功績なども織り交ぜて紹介

2017 3/8 20:01masumi
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sanit Fuangnakhon / Shutterstock.com

日本のプロレス界には、大相撲出身のプロレスラーが数多く誕生している。ここでは力士からプロレスラーに転向した人物にスポットを当て、その経緯や功績を紹介する。また、その中で日本プロレスの歴史を遡り、なぜプロレス界には大相撲出身のレスラーが多いのかも探っていく。

日本人初のプロレスラーは元力士

1883年、明治16年、日本人プロレスラーが初めてニューヨークのリングに上がった。リングネームは「ソラキチ・マツダ(敬称略)」、福井県出身の松田幸次郎さんだ。
松田さんは、プロレスラーになる前は「荒竹寅吉(敬称略)」という四股名の力士だった。伊勢ヶ浜部屋に所属し、明治期の東京相撲で序二段まで上がっている。力士廃業後、アメリカ人興行師の目に留まってアメリカに渡り、プロレスラーへと転身した。 デビュー後はトップレスラーとアメリカ各地で数多くの試合を行い、1884年にはミドル級チャンピオンに輝いている。

力士「力道山」関がプロレスと出会うまで

1940年に初土俵を踏んだ力道山さん(以下敬称略)は、1942年には三段目で優勝、1944年には幕下で優勝と進み、1946年には新入幕を果たしている。幕内では金星2個、殊勲賞1回と怪力をいかした押し相撲で活躍した。 関脇に昇進した1950年、在位23場所目の直前で、力道山は突然、自らまげを切って廃業する。25歳という若さでの引退だった。
廃業後の力道山は東京の建設会社で働いていたのだが、酒場での喧嘩が元で日系人レスラーのハロルド坂田さんと知り合い、プロレスの世界へ進むこととなる。

おすすめの記事