「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスを語るなら外せない!「ライバル関係」で有名な10選手まとめ

2017 7/10 10:01takutaku
プロレスラー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Hurst Photo/Shutterstock.com

「馬場と猪木」に代表されるように、プロレスではライバル関係にある選手がセットで語られます。特に日本では、義理人情的なムードを好む国民性も手伝って、ライバル同士の動向が常に話題となります。今回は、日本のプロレスの歴史に刻まれたライバル同士の選手をご紹介します

全日本プロレスの永遠のライバル-ジャンボ鶴田と天龍源一郎

ジャンボ鶴田氏と天龍源一郎氏。かつて日本マット界の頂点をきわめた二人のレスラーは、プロレスファンがライバル関係を語る際に必ず出てくる名前です。1972年に全日本プロレスに入団した鶴田氏は、恵まれた体格と抜群の運動能力を活かし、すぐに全日本のエースとして世界ベルトを腰に巻きます。
その鶴田氏から4年遅れて全日本に入団したのが天龍氏です。大相撲の前頭筆頭経験者ということでジャイアント馬場氏からの期待も高く、エースである鶴田氏とはすぐにライバル関係とみなされるようになりました。
現役時代は天龍氏が1990年に退団するまで、タッグパートナーとして、シングルマッチの対戦相手として数々の名勝負を展開しました。
鶴田氏が病気で引退したあとは、お互いに連絡を取り合い、回復後の再会を誓っていた両雄でしたが、鶴田氏は2000年に49歳の若さで他界。天龍選手は涙を飲みました。

プロレス少年たちの憧れ-初代タイガーマスクと小林邦昭

かつて子供たちを夢中にさせた漫画『タイガーマスク』。その「リアル版」として登場したのが「初代タイガーマスク」でした。タイガー役を演じた佐山聡選手は、ずば抜けた運動能力と格闘技センスで、漫画の世界そのものの華麗な技を披露。コーナーポストから宙を舞い、トップロープを飛び越えてダイビングボディプレスを決めるなど、重力を無視したかのようなプロレスでファンを熱狂させました。
その初代タイガーのライバルが小林邦明選手です(2000年に引退)。小林選手もタイガー選手に負けない優れた身体能力の持ち主で、多彩なキック技や、オリジナルフィニッシュのフィッシャーマンズ・スープレックスなど破壊力抜群の技の数々でファンを魅了しました。
しかし、小林選手がタイガーのライバルと認知された最大の理由は、彼が「虎ハンター」だったからです。小林選手は、タイガー選手との試合になると猛烈にエキサイトし、マスクマンの生命であるマスクをはぎ取るという暴挙を重ねました。タイガー選手と小林選手は私生活では良き友人同士でしたが、リング上では選手生命をかけて激闘を繰り広げていたのです。

おすすめの記事