「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×地域】第3回 スポーツ×地域で最も成功している地方都市②

2019 1/18 15:00藤本倫史
広島東洋カープ,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

球団発足2年目での経営難

前回は広島市と広島東洋カープについて述べた。今回は、その広島東洋カープの経営史から大きな転換点となる、球団発足2年目での経営難、2004年の球界再編問題と旧広島市民球場の老朽化問題について述べる。

この経営史については、拙著「我らがカープは優勝できる!?」(南々社)で、年代別に区分けした。(それぞれについて詳しく述べているので、気になる方はご覧いただければと思う)

1949年~1955年の草創期は、カープが広島市との関係構築を行った時期である。広島市は1945年の被爆により、大きなダメージを受けた。このことから、被爆からの「復興のシンボル」として球団が創設された。

プロ野球史をみると、戦後のプロ野球球団もしくは本拠地球場は、各都市にとっての復興シンボルだったことがわかる。その後はシンボルとしての機能や役割を果たしながら、経営としては大企業が親会社となり、広告宣伝媒体としての色が強くなっていく。

特に広島では、復興シンボルとしての機能がより強く働いた。カープは厳しく苦しい生活の中に娯楽をもたらし、地域アイデンティティーを醸成するような社会的効果も狙った球団だった。

経営としてもその背景や効果が強く影響し、日本プロスポーツ界の中で、類をみない経営形態として発展していく。

おすすめの記事