「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×地域】第3回 スポーツ×地域で最も成功している地方都市①

2019 1/11 15:00藤本倫史
マツダスタジアム,Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

最も成功している地方都市とは?

前回はトライアスロンについて述べた。これからこの連載の締めくくりをしていきたい。これまで、スポーツビジネスの発展には地域活性化がとても重要だと述べてきた。これは1993年のJリーグ創設からの流れを見たら、よく理解できる。

日本のスポーツビジネスを底上げするためには、大都市圏だけでなく地方都市の頑張りが必要である。

地域活性化をどのように定義するのか、どのような指標でプロスポーツクラブと地域の関係性を読むのかは難しい。ただ、私は研究の中で、プロスポーツと地域の関係構築に関わる重要な指標として、時間があるのではないかと考える。

ヨーロッパもアメリカもそうだが、スポーツ文化が根付くのには、一定の時間が必要である。球団が倒産しないために経営努力も必要であるし、行政のバックアップ、何よりファンやサポーターの支援がないとプロスポーツクラブは維持できない。

日本には国内を代表する企業がバックアップし、スポーツビジネスの事例としてよく挙げられる福岡ソフトバンクホークスと福岡市、東北楽天ゴールデンイーグルスやベガルタ仙台がある仙台市、北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌が本拠地を置く札幌市などがある。

そんな中、現在プロスポーツを活用して最も経済効果や社会効果を上げ、地域活性化を行っている都市は、広島東洋カープとサンフレッチェ広島が本拠地を置く広島市だ。広島市の場合は長くプロスポーツと都市が関係を築いており、長い年月を経て独自のスポーツ文化が形成されている。その文化がプロスポーツ自身にも影響を与え、相乗効果で地域を活性化しているのではないか。

おすすめの記事