「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×地域】第1回 スポーツの未来を明るくするためには?①

2018 12/14 15:00藤本倫史
ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

土壌が整っていないスポーツビジネス産業界

今回より最終章に入っていきたい。

スポーツビジネスを様々な角度から見ることで、『スポーツビジネスを活性化するには、地域を活性化することが重要』ということが導き出された。そもそも地域活性化の定義自体、人それぞれ違うものだし、異論を唱える人もいるだろう。

現在、日本最大の課題は少子高齢化社会における経済や、社会の低迷である。特に地方都市ではそれが顕著になっている。都市圏にヒト・モノ・カネが集中し、反対に地方ではその3つが流出している。

また、プロスポーツ界も岐路に立っている。クローズドリーグで12球団から増やすことができないプロ野球に対して、J1~J3までオープンリーグであり53クラブもあるJリーグと、拡大路線を取り過ぎるあまりリーグ運営やクラブ経営が上手くいっていない。そして、2016年にプロバスケットボールリーグとして誕生したBリーグも昨年度と比べ、微減であるが観客動員数が減っている。

その他にも卓球のTリーグが誕生するなど、今後は個人競技であるテニスやゴルフ以外にもプロアスリートが増えていくと見込まれている。このような現状で問題なのは、プロスポーツ産業を受けいれるための土壌が整っていないことではないだろうか。

おすすめの記事