「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×IT】第3回 スポーツとAIはどこまで進化するのか?①

2018 5/13 15:00藤本倫史
考えるロボット
このエントリーをはてなブックマークに追加

AIの監督とコーチの誕生?

前回、スポーツ×ITの可能性と課題について述べた。この回では、スポーツ×ITの将来的な展望に大きく影響する、スポーツとAIの可能性について分析していきたい。

現在、スポーツとAIが一番活用されているのは、競技力を上げる分野である。選手であれば、プレーの質を上げるために打球方向やフォームのチェックなど最適なトレーニング方法などを導き出す。監督であれば、各試合のボールの行方や選手の動きなどをデータ化し、各選手の客観的な能力を把握する。また、審判もビデオ判定による高度なジャッジが可能になる。このような競技力を上げる部分でAIの導入が始まっている。

そして、これらの行きつく先が、AIの監督とコーチの誕生ではないか。これまで、ITを活用した競技力向上の分野で課題となっていたのが、分析力と決断力である。

これまで、ITを活用して導き出したデータは、人間が分析と決断を行ってきたが、AIを導入することによって圧倒的に短い時間で同様のことが可能になる。瞬時に選手やチームに合わせた最適解を客観的に導き出し、提案することができる。そうすると、これまでにない戦略や戦術が考えられ、選手のパフォーマンスを上げることができる。

それはスポーツの高度化を推進することになるだろう。そうなるとこれまで身体能力が高いことや経験が重宝されたスポーツ界が、スポーツが苦手でもITスキルを身につけたアスリートや指導者の方が活躍する世界になるかもしれない。それは色々な部分で可能性を広げることになる。

AIの監督とコーチの壁

ただ、どんなにすごいアイディアや回答をAIが出しても人間が応えられるのかという壁が出てくる。つまり、選手や監督がAIについていけないことが予測されるのだ。

この問題はすでに他の分野でも出てきている。例えば、チェス、将棋、碁などのような頭脳スポーツでは、人間にAIが勝つことが当たり前になっている。だが、その勝っていくアイディアやプロセスを含めた新たな戦略や戦術が人間には理解できないことが多々見受けられる。

だからこそ、AIが勝つのだが、それを理解、実現する能力がないと実行に移すことができない。例えば、ピッチャーに対して初球からボール球を続けた方が、このバッターを打ち取れるとAIが判断し指示する。人間側に、そのようなセオリーが無い場合、疑問が生じてしまう。また、そこにボール球が投げられるかという技術的な部分も出てきてしまう。そもそも、人間は感情や感覚を完璧にコントロールすることができない。それらに加えて、人間とAIのコミュニケーションの問題も出てくるだろう。

このような部分をバランスよく調整し、壁を打ち砕いたとき、スポーツとAIはとてつもない化学反応が起きるだろう。

おすすめの記事