「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本馬術界の名選手をピックアップしてご紹介します!

2017 2/9 09:26
馬術 名選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by catwalker/ Shutterstock, Inc.

馬術競技はメディアに取り上げられる機会も多くはないので、選手の名前がわからない方もいるかと思います。 そこで、有名な選手を知りたい方へ、過去から現在までの有名な馬術選手をピックアップしてご紹介します。

日本の馬術競技で唯一の金メダリスト「西竹一選手」

オリンピックの馬術競技で日本の唯一のメダルとなっている金メダルを獲得した選手がいます。それが西竹一選手です。名前だけ聞いてもピンとこないという方もいるかと思いますが、「バロン西」と言うと聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
彼は馬術選手としてよりも、歴史上の人物として書籍や映画などにたびたび登場しています。残念ながら第二次世界大戦中の1945年に硫黄島において戦死しているので、特に戦争をテーマにした作品で多く見られます。この「バロン西」こそ西竹一選手なのです。

「西竹一選手」と愛馬「ウラヌス号」

西竹一選手は、1932年のロサンゼルスオリンピックの障害飛越競技個人において金メダルを獲得しています。その時の愛馬はウラヌス号と言いますが、1930年に出張先であるイタリアで自費購入したものです。それからというもの、ヨーロッパ各地の馬術競技大会に参加し、数々の好成績を引っ提げて出場したオリンピックで金メダルを獲得しました。そして、この時の活躍や性格から「バロン西」と呼ばれるようになりました。
西選手は死ぬまでウラヌスのたてがみを離さなかったという逸話や、西選手の戦死した1週間後に後を追うようにウラヌス号も死んだという、胸が痛くなるようなエピソードもあります。

おすすめの記事