「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

馬術の検定を受けよう!その種類や方法と難易度をご紹介

2017 2/9 09:26
馬術 検定 乗馬 ライセンス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Labrador Photo Video/ Shutterstock, Inc.

馬と意思を通わせて騎乗する馬術は憧れますよね。 馬術のライセンスは、検定を受けて合格すれば取ることができます。 今回は、その種類や方法、難易度をご紹介します。

乗馬のライセンスってどこでとるの?

馬術はまずは「乗馬」という趣味として楽しむことから始まりますが、「乗馬」にもライセンスがあります。その代表的なものに全国乗馬倶楽部振興協会が認定するライセンスがあります。その名の通り、全国乗馬倶楽部振興協会に加盟していて認定インストラクターがいる乗馬クラブであれば受験することができます。○級ライセンス取得コースなどを設けているクラブが多くあります。
また、全国乗馬倶楽部振興協会は公益法人でもあるため、信頼度が高く、履歴書などにも記載できます。

ライセンス5級 その難易度は?

5級のライセンスは、特別な騎乗技術を要求されません。既定の騎乗レッスンが必要ですが、既定回数(10回程度)騎乗してレッスンを受けていれば、自然と5級程度の技術は身につけている人がほとんどです。楽しみながら乗馬していればなおさらです。
また、馬学講座を受けての筆記試験もありますが、こちらもほぼ一般常識に近い内容で、乗馬を楽しみにしている人なら頭に残っているので、難易度は低いです。 そのほか、馬に乗るための馬装や馬の手入れなどの講習を受け、晴れて「5級ライセンス取得!」となるのです。

おすすめの記事