「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

近畿地方における体操の強豪校5校を紹介

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alexander Ishchenko/Shutterstock.com

近畿地方には体操の強豪高校が多く、在校中や卒業後に世界大会やオリンピックの日本代表として活躍した選手も多数います。 ここでは5校に絞って情報をお伝えします。

田中三兄弟の出身校、県立和歌山北高校

和歌山北高等学校は、普通科の他にスポーツ健康科学科があるのが特色で、将来のトップアスリートや指導者の養成に力を注いでいます。どの運動部も全国レベルを目指して活動が盛んですが、中でも注目されているのが体操部です。
ロンドンオリンピックに卒業生の田中和仁、理恵、佑典の3きょうだいが揃って出場する快挙を達成しました。田中佑典選手はリオ五輪にも出場し、団体で金メダルを獲得しました。現在の体操部は特に女子が強く、2016年の高校総体でも団体総合で9位という成績を収めています。

清風高校は、体操の名選手を多数輩出した強豪校

大阪市の清風高校は、中学を併設している中高一貫校です。世の中に尽くす人間になるための人材育成が建学の精神で、政経・文化界、スポーツ界に多くの人材を輩出しています。運動部の中でも特に強さが全国に轟いているのが男子器械体操部で、高校総体では毎年優勝争いの常連校になっています。
北京オリンピック団体金メダルを獲得した鹿島丈博氏のほか、池谷幸雄氏、監物永三氏、具志堅幸司氏などが卒業生として名を連ねており、在校生は体操・清風の伝統を守るために練習に励んでいます。

おすすめの記事