「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

近畿地方における体操の強豪校5校を紹介

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alexander Ishchenko/Shutterstock.com

近畿地方には体操の強豪高校が多く、在校中や卒業後に世界大会やオリンピックの日本代表として活躍した選手も多数います。 ここでは5校に絞って情報をお伝えします。

田中三兄弟の出身校、県立和歌山北高校

和歌山北高等学校は、普通科の他にスポーツ健康科学科があるのが特色で、将来のトップアスリートや指導者の養成に力を注いでいます。どの運動部も全国レベルを目指して活動が盛んですが、中でも注目されているのが体操部です。
ロンドンオリンピックに卒業生の田中和仁、理恵、佑典の3きょうだいが揃って出場する快挙を達成しました。田中佑典選手はリオ五輪にも出場し、団体で金メダルを獲得しました。現在の体操部は特に女子が強く、2016年の高校総体でも団体総合で9位という成績を収めています。

清風高校は、体操の名選手を多数輩出した強豪校

大阪市の清風高校は、中学を併設している中高一貫校です。世の中に尽くす人間になるための人材育成が建学の精神で、政経・文化界、スポーツ界に多くの人材を輩出しています。運動部の中でも特に強さが全国に轟いているのが男子器械体操部で、高校総体では毎年優勝争いの常連校になっています。
北京オリンピック団体金メダルを獲得した鹿島丈博氏のほか、池谷幸雄氏、監物永三氏、具志堅幸司氏などが卒業生として名を連ねており、在校生は体操・清風の伝統を守るために練習に励んでいます。

京都洛南高校は、京都府随一の体操強豪校

京都市の洛南高等学校は学校法人真言宗洛南学園が経営している中学を併設している学校です。「心」「学」「身」という3つの柱で自らを伸ばしてゆくのが教育の方針です。運動部の練習施設は充実しており、グラウンド、プール、体育館など最新の機器を備えています。体操部の練習場も専用施設があり、部員は毎日伸び伸びと練習に励んでいます。
実力も折り紙付きで、2016年の高校総体では男子団体で9位という成績でした。体操部に所属していた卒業生には、アテネと北京のオリンピックでメダリストになった富田洋之氏がいます。

県立田辺工業は、和歌山県の体操最強校

和歌山県立田辺工業高校は、田辺市にある男女共学の公立工業高校です。和歌山県で2番目に開校した工業高校で、卒業生は県内外の産業、工業界で活躍しています。運動部の活動も盛んで、男子体操部は2016年の和歌山県高校総体で団体と個人優勝を飾り、全国高校総体には18年連続出場で記録を更新中です。
2016年の結果は団体10位という成績でしたが、和歌山ではトップ、関西でも有数の体操強豪校として名声が定着しています。そのため、「体操をやるなら田辺工業へ」という希望者も増えています。

市立尼崎高校の女子体操部は、高校総体でも常に上位争いの強豪校

兵庫県尼崎市の市立尼崎高等学校は、創立が1913年と市内で最も古い歴史を有する高校です。校訓は「正しく、強く、美しく」で、体育科は体育・スポーツの振興に寄与する人材を育てることを目標にしています。
体操部はこれまで兵庫県及び近畿の大会では常に優勝を争い、全国高校総体でも最高成績は団体3位、個人総合で準優勝という実績があります。2016年の高校総体では女子が団体で7位の好成績でした。卒業生では仁川アジア大会に出場し、東京オリンピックでの日本代表入りを目指している本田美波選手が注目されています。

まとめ

近畿地方は伝統的に体操競技が盛んで、高校体操部の強豪校が多数あります。 近畿地方や各県だけの大会でも全国大会並みにレベルが高いことが認識されています。 ここで紹介した5校以外にも、体操が強い高校が多数あります。

関連記事

おすすめの記事