「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中国地方から体操の強豪校5校を取り上げて紹介

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

中国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口)は体操が盛んな地域で、過去オリンピックで活躍した選手も輩出しています。 中国地方の中で体操が強い高校をリストアップし、学校紹介やクラブ活動の状況や成績などを取り上げました。

広島市の崇徳学園は、中学・高校とも体操部があります

広島県広島市の崇徳高等学校は、学校法人崇徳学園が運営しており、中学校も併設されている中高一貫校です。「知・徳・体」一体の教育を目指し、中高6年間の進路指導により、志望大学への現役合格を目標としています。積極的なクラブ活動への参加を奨励しており、運動部、文化部とも活動的です。
中学、高校共に体操部があり、高校の男子体操部は毎年のように全国大会に出場しています。心技体一体となった美しい体操がモットーで、部員は専用体操場で毎日練習に取り組んでいます。

関西高校は、メダリストも輩出した岡山屈指の体操強豪校

岡山県岡山市の関西高等学校は、明治20年に創立された伝統校です。困難に立ち向かい、目標を達成するチャレンジ精神を養うことを校訓としています。
運動部の中でも体操競技部は県内トップの実力を有し、2016年の高校総体では男子の団体で4位という成績を収めました。種目別でもゆかと平行棒で優勝を果たしています。 卒業生の中には、アテネオリンピックの体操男子のメンバーとして出場し、団体金メダルに輝いた水鳥寿思氏がおり、体操部員の目標となっています。

島根県の浜田高校は、体操の神様と呼ばれる人物を輩出

島根県浜田市の県立浜田高等学校は、男女とも体操のクラブ活動に力を入れています。2016年の高校総体の体操競技は地元・浜田市で開催され、浜田高校は島根代表として男子団体と女子団体に参加しました。
浜田市は「体操の町浜田」をキャッチフレーズとしています。学校OBでローマオリンピック金メダリストになり、後にオリンピック男子体操監督を務めた竹本正男氏は、「体操の神様」と呼ばれたほどの人物です。浜田高校の体操部員にとっては永遠のカリスマ的存在になっています。

山陽女子高校は、県内唯一の女子校として体操部の活動が盛ん

山陽女子高等学校は、岡山市で唯一の女子校で、中学校を併設して中高6年間教育を行っています。学校の教育理念は「愛と奉仕と感謝の精神」で、生活信条としては「清く正しく明るく強く」です。
伝統の体操部は、中学・高校合同で月曜日から日曜日までほぼ毎日練習を行っています。2008年の全国高校総体では団体優勝に輝き、続く2009年、2010年も3位という実績を誇っています。2016年の大会でも岡山県代表として出場し健闘しました。

広島の修大鈴峯女子校の体操部は、全国大会で中国地方トップ

広島修道大学付属鈴峯女子高等学校は、学校法人修道学園が設置している中学を併設している高校です。建学の精神は「報恩感謝 実践」で、広島修道大学を含めて中高大学10年間の質の高い教育を行っています。
器械体操部には中学高校併せて多数の生徒が所属しており、顧問、参与の先生指導の下で全国大会を目指して厳しい練習を重ねています。広島県では常にトップの成績を収め、2016年の全国高校総体では団体で13位と、中国地方の高校の中では最高の成績でした。

まとめ

中国地方は全体的に体操選手を目指す少年少女が多いことが特徴となっています。 島根県には「体操の町」という別名でも知られる浜田市があり、2016年には高校総体が開催されたことによって大いに盛り上がりました。

関連記事

おすすめの記事