「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海地方の体操強豪校5校を紹介

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

ここでは東海地方の高校から体操競技が盛んな学校を取り上げて紹介します。 中には全国レベルの実力を持ち、有名選手を輩出しているところもあります。

名城大学付属高等学校は、体操の全国大会常連校

愛知県名古屋市にある名城大学付属高等学校は、教育方針が「知・徳・体」の調和した人材育成となっています。「体」を意味する運動部の活動に重きを置いており、特に体操部男子は2016年の全国高校総体で7位という好成績を上げています。
2015年にドイツで行われた「第20回国際ジュニアチームカップ」に同校の選手が日本代表メンバーとして参加しました。高校に入ってから初めて体操を始める部員もいますが、レベルに併せた指導によりメキメキ腕を上げ、頭角を現す生徒もいるそうです。

名経大市邨高校は、女子の強豪校で寺本明日香選手の母校

名経大市邨高等学校は名古屋経済大学の付属高校で、国際的視野をもった人間形成教育を目指すことを教育目標として掲げています。体操部は男女とも強豪校で、全国大会で常に上位争いを演じている常連校です。中でも女子が伝統的に強く、2016年の全国高校総体では団体で3位に入っています。
体操部は名古屋市にある「レジックスポーツレッツ体操クラブ名古屋」と提携しており、素晴らしい環境の中で練習に取り組んでいます。出身者にはロンドンオリンピックに出場して個人総合11位になった寺本明日香選手がいます。

岐阜県の中京高校体操部は、毎年高校総体出場を目指す強豪

岐阜県瑞浪市にある中京高等学校は、建学の精神が「学術とスポーツの真剣味の殿堂あれ」で、文字通りスポーツ教育が強調されています。運動部では野球、サッカー、陸上が全国でもトップレベルですが、体操部も毎年全国高校総体への出場を目標としています。
体操部の練習場には最新式の器具・機器が揃っており、環境的には万全の体制と言えます。2011年には男子が東海高校総体で団体優勝を飾り、部員は近隣の愛知、静岡、三重、長野などからも集まり、寮生活を送りながら日本代表への夢を追って練習に励んでいます。

静岡の常葉学園は、中学、高校ともに女子体操部が強い

静岡市の常葉学園は、幼稚園から大学までの総合学園で、教育方針は「知性を磨き、体を鍛え、豊かな心を養う」ことです。中学校と高等学校は同じ敷地内にあり、双方に女子の体操部があります。
中学に入った段階から有能な指導者の下で練習を行い、東海地区や静岡県の大会で常に上位を占め、中学を卒業するとそのまま高校でも体操を続ける生徒が多いので、高校生の体操選手としてのキャリアが強みです。卒業生に体操の世界選手権やアジア大会で活躍した水鳥舞夏選手がいます。

三重県の暁高校は、高校総体で県代表の常連校

三重県四日市の暁高等学校は、暁中学との6年生教育を行っている学校です。学園綱領は「人間たれ」で、博愛の精神が教育の理念に貫かれています。
中学、高校ともに体操部があり、どちらも実力は東海地区で上位のレベルです。三重県の大会では男女ともに常に優勝争いを演じており、東海高校総体でもベスト3位圏内に入り、全国高校総体の三重県代表として常連になっています。体操部の練習場所は中高共同の体育館で、中高の部員が切磋琢磨しながら大会を目指して実力を磨いています。

まとめ

静岡、三重、岐阜、愛知の東海地区の県から体操部が強い高校を5校抜粋して取り上げました。 東海地区の特徴として、大学の付属高校や中高一貫教育校に体操の強豪校が多いようです。今後の強化策が注目されるところです。

関連記事

おすすめの記事