「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海地方の体操強豪校5校を紹介

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

ここでは東海地方の高校から体操競技が盛んな学校を取り上げて紹介します。 中には全国レベルの実力を持ち、有名選手を輩出しているところもあります。

名城大学付属高等学校は、体操の全国大会常連校

愛知県名古屋市にある名城大学付属高等学校は、教育方針が「知・徳・体」の調和した人材育成となっています。「体」を意味する運動部の活動に重きを置いており、特に体操部男子は2016年の全国高校総体で7位という好成績を上げています。
2015年にドイツで行われた「第20回国際ジュニアチームカップ」に同校の選手が日本代表メンバーとして参加しました。高校に入ってから初めて体操を始める部員もいますが、レベルに併せた指導によりメキメキ腕を上げ、頭角を現す生徒もいるそうです。

名経大市邨高校は、女子の強豪校で寺本明日香選手の母校

名経大市邨高等学校は名古屋経済大学の付属高校で、国際的視野をもった人間形成教育を目指すことを教育目標として掲げています。体操部は男女とも強豪校で、全国大会で常に上位争いを演じている常連校です。中でも女子が伝統的に強く、2016年の全国高校総体では団体で3位に入っています。
体操部は名古屋市にある「レジックスポーツレッツ体操クラブ名古屋」と提携しており、素晴らしい環境の中で練習に取り組んでいます。出身者にはロンドンオリンピックに出場して個人総合11位になった寺本明日香選手がいます。

おすすめの記事